ジャニーズWEST中間淳太、ジャニオタの気持ちを代弁「デビューしちゃうと…」

テレビドガッチ

2020/3/12 09:50

ジャニーズWEST・中間淳太が、3月11日に放送された『今夜くらべてみました』(日本テレビ系、毎週水曜21:00~)に出演。ジャニーズファンの気持ちを代弁する一幕があった。

共通点を持ったゲストをあらゆる角度から比較し、それをもとにMCのフットボールアワー・後藤輝基、SHELLY、指原莉乃らがトークを繰り広げる同番組。今回は進行役に劇団ひとり、ゲストに中間、戸田恵子、IMALU、ファーストサマーウイカ、お笑いライブを主催する児島気奈さんを迎えて「お笑いを愛してやまない女」をテーマに語りあった。

番組では、アイドルやスポーツ選手より、和牛、EXIT、四千頭身など、アイドルやスポーツ選手に注目する女性が多くなっていることに注目。この現象について児島さんは、テレビで活躍されると追いかけていく先がなくなるため、アイドルなどから若い芸人に乗り換えることが増えているとコメント。「いわゆるジャニーズJr.を応援する気持ちと一緒。Jr.の時代から見ていくのが好き」とお笑い好き女子の気持ちを代弁した。この件について、中間も同調。「デビューに届きそうで届かない部分を応援したい気持ちなんでしょうね。デビューしちゃうと『次にこの子らデビューしそうやな』って乗り換える子が多い」と話した。和牛やEXITなどは、劇場だけでなく、すでにテレビに露出しているが、和牛だと『M-1グランプリ』(ABCテレビ・テレビ朝日系)で「チャンピオンになってほしい」というファンの後押しがあり、EXITに関しては、SNSの使い方が抜群だったりするなど、それぞれ人気が継続される理由があることも明かされた。

後藤や劇団ひとりも若かりし頃は人気だったと回顧。後藤は、バレンタインデーの際、劇場にチョコが多く届きすぎるため、それぞれゴミ袋に入れて渡されていたと振り返る。相方の岩尾望も帰り際にゴミ袋を持っていたそうなのだが「それ、ただのゴミやってん」と笑わせた。劇団ひとりも、以前は何百通とファンレターが来ていたものの、現在は数か月に1通程度に落ち着いているとのこと。先日、おばあちゃんから手紙をもらったそうで、達筆な字で「髪の毛茶色くした方がいいんじゃないですか?」と指摘されたと明かした。

ほか「ニセお笑い好き女子生態」がトークテーマになると、元芸人でYouTuberのフワちゃんが、今でもお笑い好きであると指原。「ネタのことを超話すんです。『あの人のネタはこうで……』とか言うんですけど、必ず最後に『(霜降り明星の)粗品と付き合いてー』ってまとめるので、あいつニワカです」と暴露して笑いを誘っていた。

当記事はテレビドガッチの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ