ディズニー『ピーターパン』が実写映画化!ウェンディにミラ・ジョヴォヴィッチの愛娘が大抜擢

ディズニーアニメーションの大人気キャラクター「ピーターパン」が、『Disney’s Peter Pan & Wendy(原題)』として実写映画化されることが決定した。公開時期は未定。

ピーターパン
(C)ParrySuwanitch / Shutterstock.com

主人公・ピーターパン役には、ドラマ『The Reluctant Landlord(原題)』などで知られるアレキサンダー・モロニーが抜擢。そしてヒロイン・ウェンディ役は、アクション女優ミラ・ジョヴォヴィッチの長女エヴァー・アンダーソンが務めるという。

ちなみにエヴァーは、マーベルの新作映画『ブラック・ウィドウ』にも出演。スカーレット・ヨハンソン扮する主人公ナターシャの少女時代を演じている。

『Disney’s Peter Pan & Wendy』の監督には、2016年公開のディズニー映画『ピートと秘密の友達』のデヴィッド・ロウリー。脚本をトビー・ハルブルックスが務める。

(めるも編集部)

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ