GENERATIONS 小森隼、愛情溢れるキスシーンに大絶叫「もう最高!ありがとー!」

dwango.jp news


渡辺直美とPerfumのあ~ちゃん、ジャルジャルの福徳秀介、GENERATIONS from EXILE TRIBEの小森隼、谷まりあがMCを務める恋愛リアリティーショー『恋愛ドラマな恋がしたい~Bang Ban Love~』(AbemaTV)の#7が3月7日に放送された。

本番組は、若手俳優が、毎話キスシーンのある恋愛ドラマの撮影をしながら本当の恋をしていく様を追いかける、恋愛リアリティーショーだ。全12回の番組放送において、番組内の恋愛ドラマで主役を演じられるのは、選ばれた男女1組だけ。役を勝ち取るために、回ごとにペアが変わる相手役と稽古を重ねながら、台本に用意されている様々なキスシーンを演じていく。

今回は、男性3名、女性3名という構成からスタートし、第1話から第12話の間に新たなメンバーが追加となる新ルールが設定され、井上佑(以下、たすく/24歳)、千綿勇平(以下、チワ/28歳)、南北斗(以下、ほくと/21歳)、木村葉月(以下、はづき/19歳)、日比美思(以下、みこと/21歳)、若菜(以下、わかな/26歳)らの6名に、第2話からは新メンバー・平田梨奈(以下、ひらりー/21歳)、そして、第4話では根岸拓哉(以下、タクヤ/23歳)が新たに加入した。

また、今シーズンでは、物語の初めから終わりまで、1人の俳優が主演を務める通常のドラマとは違い、主役の「神谷大樹」役と「神谷恵子」役を、若手俳優8名の中から、各話ごとのオーディションで選ばれたペアが演じていくという前代未聞の“主演が毎回変わる連続ドラマ”、『BANG BAN LOVE』に初挑戦する。

第7話となる放送では冬合宿も2日目を迎え、恋愛ドラマ『BANG BAN LOVE』第4話の主役と、“恵子”に思いを寄せる新たな登場人物“直輝”役を決めるオーディションからスタート。今回のペア決めは、男女関係なく全員でクジ引きを行い、引いた番号順に相手を指名。クジの結果1番を引いたほくとがはづきを、次にわかながタクヤ、たすくがみことを指名し、残ったひらりーがチワとペアを組むことに。しかし、オーディションの結果、主役の“大樹”にたすく、“恵子”にはづき、そして脇役の“直輝”にはほくとが抜擢。これまでのペアごとの選出ではなく、ペアをバラした配役に、スタジオのMC陣からは「えー!」「そういうこと!?」と困惑の声が上がった。

そんな中、ペアを組んでいたみことに対し、「ごめん…ほんまにごめん」と涙ながらに謝るたすくの姿に、あ~ちゃんも大粒の涙を零した。その後、共に主役を演じることになったはづきに、「よろしく」と一言声をかけ、そのまま少し離れたところに座ったたすく。たすくに想いを寄せるはづきにとって、念願のたすくとのペアが実現したが、突き放すようなたすくの態度に、堪えきれず号泣。今回のオーディション結果に、わかなは「残酷だなって思うし、こんなことなんでするんだろうって思った」、みことは「明日たすくくんとはづきちゃんの二人のシーンを見るんだなって思ったら、見られないかもしれない」と語るなど、それぞれの想いがすれ違う切ない展開に女子メンバー全員が号泣した。口々に「辛いって…」「これはキツい」と呟きながら、ここまでを見守ったMC陣。渡辺は「それぞれの気持ち分かるから」とメンバーの心境を案じ、あ~ちゃんは「すごいよね。選ばれる人もこうやって変わってきて。THE芸能界って感じ」とコメントした。

冬合宿3日目、連続ドラマの山場となる第4話の撮影が始まるが、リハーサル中もはづきの目には涙が溢れていた。「大丈夫、ごめんなさい。恵子のことを考えたらしんどくなっちゃった」と涙を拭い、笑顔を見せようとするはづきを見て、何かに気づいたようなたすくは、「ごめん、はづきちゃん。ありがとう」とはづきに言葉をかけた。これに対し、はづきが「たすくくんとできて嬉しいから。全力でやる」と返すと、たすくは「俺も、大好きやから今」と力強く言い放ち、意を決したようにその場を去った。

さらに、撮影が進む中、はづきが「大丈夫?しんどそうな顔をしていたから」とたすくに声をかけると、「だってバリ好きやもん。そりゃしんどい顔になるやろ」と言葉を返すたすく。この言葉を“みことが好きだから”と解釈したはづきの表情は、いっきに暗く陰っていくが、それを悟ったたすくが「そういうことちゃうで。はづきちゃんのことがやで。今のここ(大樹と恵子として)ね。」とフォロー。「はづきもマジで好き。本当に好き」と、真剣な目で宣言するはづきに、たすくは「俺は神谷恵子もそうやけど、木村葉月のことも今愛してるから」と応えた。

連続ドラマ『BANG BAN LOVE』の第4話は、血の繋がらない義理の兄妹“大樹”と“恵子”の秘めた想いが大きな進展を見せる山場回。スキー場で働き始めた恵子のもとへ駆けつけた大樹が、恵子への募る想いを爆発させる。大樹の「俺は兄貴をやめる」という言葉と共に交わした愛情溢れるキスに、MCメンバーは大興奮。小森隼(GENERATIONS from EXILE TRIBE)は「一回離れてから、もう一回チュッて。ああ、もう最高!ありがとー!みたいな。あのキス一番好き(笑)」と絶叫。あまりの絶叫ぶりに一同爆笑する中、福徳秀介(ジャルジャル)から「直美もなかなか(テンション)上がってたぞ」とツッコミを入れられた渡辺は「私もやばかった(笑)たすくの手でキスがあんま見えないから『唇見せて?』つって」と明かし、スタジオの笑いを誘った。



ドラマ撮影後、「昨日までほんまにはづきちゃんとすんの無理やわって思ってたんですけど。でも一緒にやってみて、全然違う自分が出た。恵子なんか木村葉月なんか分からんけど、めっちゃ好きな自分がおって。だからこそ、今はづきちゃんを見たらすごい愛おしいって思うし。次ペアで誰を指名するのかも、正直分かんないっす」と、心境を打ち明けたたすく。これまで一途にみことを想ってきたたすくの変化に、MC陣は「え!?」「マジで!?」「ヤバいヤバい!」と衝撃。予期せぬ展開に「こうなるの!?」と驚く渡辺だったが、最終的には「だって良いキスしてたもんねぇ~」と頷いた。

■『恋愛ドラマな恋がしたい~Bang Ban Love~』
放送日程: 3月7日(土)夜11時~
放送チャンネル:AbemaSPECIAL
MC:渡辺直美 あ~ちゃん(Perfume) 福徳秀介(ジャルジャル) 小森隼(GENERATIONS from EXILE TRIBE) 谷まりあ
出演者:井上佑 木村葉月 千綿勇平 根岸拓哉 日比美思 平田梨奈 南北斗 若菜

(C)AbemaTV

当記事はdwango.jp newsの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ