-食べさせてもらおうか。低GIの製品とやらを!-『低GIを搭載せよ!ALMOND×GUNDAMキャンペーン』がスタート

SPICE


低GI食品として注目を集めている「明治アーモンドチョコ」とアニメ「機動戦士ガンダム」がコラボレーションした、『低GIを搭載せよ!ALMOND×GUNDAMキャンペーン』が本日3月10日(火)より開始された。
※賞品画像はイメージです
※賞品画像はイメージです

同キャンペーンは、対象商品4点以上の購入レシートを1口として応募すると、抽選で合計800名に、オリジナルデザイン「明治アーモンドチョコケース」が当たる企画。
ジオン公国官給品 シャア専用 明治アーモンドチョコケース※賞品画像はイメージです
ジオン公国官給品 シャア専用 明治アーモンドチョコケース※賞品画像はイメージです
ジオン公国官給品 ジオン兵用 明治アーモンドチョコケース※賞品画像はイメージです
ジオン公国官給品 ジオン兵用 明治アーモンドチョコケース※賞品画像はイメージです
ジオン公国官給品 ???専用(※) 明治アーモンドチョコケース※第2弾開始時に公開
ジオン公国官給品 ???専用(※) 明治アーモンドチョコケース※第2弾開始時に公開

GI値はGlycemic Index(グライセミック・インデックス)の略で、食後の血中のブドウ糖濃度の上がりやすさの目安となる値。GI値が低いほど糖質の吸収がおだやかであると言われており、アーモンドチョコを食べたときは、血中のブドウ糖濃度がおだやかに上昇したという結果が出ているという。
※オーストラリアの大学にて、健康な成人男女10名を対象に、同じ糖質量を含む基準食品(ブドウ糖50gを溶かした水250mL) または「明治アーモンドチョコレート」115.7g(糖質50g)を食べた際の血中のブドウ糖濃度を測定し、GI値を算出する試験を実施。
※オーストラリアの大学にて、健康な成人男女10名を対象に、同じ糖質量を含む基準食品(ブドウ糖50gを溶かした水250mL) または「明治アーモンドチョコレート」115.7g(糖質50g)を食べた際の血中のブドウ糖濃度を測定し、GI値を算出する試験を実施。

「明治アーモンドチョコ」はオーストラリアの大学でブドウ糖との比較実験を行い、食べた後は、血中のブドウ糖濃度の上昇が非常におだやかで、安定しているという結果が得られ低GI食品であることが明らかになった。

キャンペーンは第1弾と第2弾の期間に分かれ、各期間でケースデザインが異なる。対象商品は「アーモンドチョコレート 88g」「アーモンドチョコレート抹茶 79g」「アーモンドブラックチョコレート 84g」「マカダミアチョコレート 9粒」「マカダミアチョコレート抹茶 9粒」。
アーモンドチョコレート  参考小売価格:220円(税別)
アーモンドチョコレート  参考小売価格:220円(税別)
アーモンドチョコレート抹茶 参考小売価格:250円(税別)
アーモンドチョコレート抹茶 参考小売価格:250円(税別)
アーモンドブラックチョコレート 参考小売価格:220円(税別)
アーモンドブラックチョコレート 参考小売価格:220円(税別)
マカダミアチョコレート 参考小売価格:220円(税別)
マカダミアチョコレート 参考小売価格:220円(税別)
マカダミアチョコレート抹茶 参考小売価格:250円(税別)
マカダミアチョコレート抹茶 参考小売価格:250円(税別)

特設サイトで詳細を参照して応募してみよう。

当記事はSPICEの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ