2度の心臓手術を受けた赤ちゃんが初めて笑う 母は「希望の光」と涙(米)<動画あり>

心臓が半分しか機能していない状態で誕生した男の子が2度の心臓手術を受け、生後157日目にして初めて笑った。その笑顔は「我が子はもう笑う力も残されていないのでないか」と心配していた両親に“希望”を与え、多くの人の心を捉えて拡散中だ。『ABC News』『KABB FOX 29 News』などが伝えている。

米ニューヨーク州バッファローに住むアレクサンドリア・ネルソンさん(Alexandria Nelson)が、帝王切開でセオドア・“テディ”君(Theodore “Teddy”)を出産したのは昨年8月30日のことだった。テディ君はアレクサンドリアさんが妊娠26週の時に先天性心疾患である左心低形成症候群(HLHS)と診断され、自宅から約4時間離れたペンシルベニア州の「UPMCチルドレンズ・ホスピタル・オブ・ピッツバーグ」にて誕生した。

HLHSは全身に血液を送る左室が非常に小さい難病で、早期に手術をしないとチアノーゼや多呼吸、ショック状態に陥り、生後1か月ほどで死亡する確率が高くなる。そのためテディ君も誕生して15分後には待機していた特別チームによる心臓の手術が行われた。

手術は何度か段階を踏まなければならず、テディ君の2度目の手術は昨年の11月13日に行われた。しかしテディ君は手術中に脳卒中を起こし、生命維持装置やいくつものチューブに繋がれると一進一退を繰り返した。それでも両親は息子の回復を信じて祈りを捧げ、どんなに意識が朦朧としていても励ましの言葉をかけ続けた。

そして病室に姉(4歳)と両親が訪れた2月3日、生後5か月を迎えたばかりのテディ君に奇跡が起こった。誕生から157日目にして初めて笑ったのだ。その様子は撮影されてFacebookに投稿されており、父親のマイケルさんが「ハイ、バディ…。そうか、ハッピーなんだね」と嬉しそうに語りかける声が録音されている。またアレクサンドリアさんの「アイ・ラブ・ユー。アイ・ラブ・ユー。もう泣きそうだわ。オー・マイ・ガー。あなたはとても美しいわ。笑っているのね。アイ・ラブ・ユー…」と感極まった優しい声も背後で響いていた。

アレクサンドリアさんはテディ君について、次のように明かした。

「2度目の手術で脳卒中を起こしてからは、テディの脳がきちんと機能しているのか、はたして笑うことができるのか、ずっと不安だった。でもテディはいくつもの障がいを乗り越えて未来に向けて一歩踏み出したわ。あの笑顔こそ希望の光。私たちにとってはとても意味のあるものだったの。」

「HLHSは難病だけど、あの子は確実に成長しているわ。これから歩む道がどんなに曲がりくねっていても、山や谷や障がいがあっても、私たちは“愛”で乗り越えてみせる。私はいつもこう言うの。『テディの心臓は半分だけど、2倍の“愛”を作り出してくれるんだ』ってね。」

なお数週間後に3度目の手術が予定されているテディ君だが、アレクサンドリアさんは「あの子は強い意志を持ったファイターよ。自宅に連れて帰れる日が来ることを今から楽しみにしているわ」と力強く語った。

ちなみに動画を見た人からは「この子は強い。力をもらった」「感動した」「涙が止まらなかった」「癒された」というコメントや、「テディ君、これからも頑張って」「負けないで」といった応援メッセージが多数あがっている。

画像は『ABC News 2020年3月5日付「Baby who had 2 open-heart surgeries smiles for 1st time in hospital」(Alexandria Nelson)』『Falling Right Side Up 2020年2月14日付Facebook「LOVE GROWS.」』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 A.C.)

当記事はテックインサイトの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ