『ゴシップガール』リブート版、新キャスト4名が決定

 5月にローンチ予定の新ストリーミングサービスHBO Maxで制作が進んでいる海外ドラマ『ゴシップガール』リブート。先日、映画『ドクター・スリープ』などに出演する子役出身の女優エミリー・アリン・リンドが主演に決まったと報じられたが、新たに4名の俳優・女優がキャスト入りを果たしたという。

オリジナルシリーズの8年後の設定となる『ゴシップガール』リブート版。Deadlineによると、新たに出演が決まった4名は、映画『モリーズ・ゲーム』の女優のホイットニー・ピーク、海外ドラマ『プリティ・リトル・ライアーズ』の続編シリーズ『Pretty Little Liars:The Perfectionists(原題)』の俳優エリ・ブラウン、海外ドラマ『リーサル・ウェポン』のスコセッシ役で知られる俳優のジョナサン・フェルナンデス、そしてブロードウェイ俳優のジェイソン・ゴッテイだ。

エミリーが演じるキャラクターは、ボーイフレンドとの関係に悩み始める女子高生のオードリーと報じられているが、今回出演が決まった4名の役柄などの詳細は発表されていないとのことだ。オリジナルシリーズの流れをくむ人間関係の構築が予想され、エミリー、エリ、ホイットニーが演じる3人のキャラクターが軸になると見られているという。

初代『ゴシップガール』シリーズは女優のブレイク・ライヴリーやレイトン・ミースターら、多くの若手俳優がブレイクする場となった。新シリーズのキャストの活躍が今から楽しみだ。 

当記事はクランクイン!の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ