amazarashi、初の武道館公演『朗読演奏実験空間“新言語秩序”』が第23回文化庁メディア芸術祭にて二度目の優秀賞を受賞

SPICE


本日・3月6日、第23回文化庁メディア芸術祭の受賞作品が発表され、amazarashiが2018年11月16日に開催、総数2万人を動員した自身初の武道館公演『朗読演奏実験空間“新言語秩序”』のライブクリエイティブ/演出が、エンターテイメント部門で優秀賞を受賞した。

amazarashiがメディア芸術祭で受賞するのは、2010年の第14回メディア芸術祭で受賞して以来、2度目。ライブ演出で受賞するのは初となる。

第23回文化庁メディア芸術祭 優秀賞 受賞理由


おそらく5~6年前くらいまでの文化環境であれば、フィクショナルな様式性をもってつくり込まれたベタなディストピア・ロマン型の世界観に、特段の批評性を感じることはなかったはずだ。だが、ネットメディアの浸透が下からは皮肉な相互検閲状況をもたらし、機に乗じた大資本や政治権力による上からのあからさまな検閲ムーブを強化しつつあるという輪をかけてベタな現実の劣化ぶりが、本公演の同時代的な意義を逆説的に高めてしまった。そんな時局を逆手に取りつつ、昔ながらのプロテスト・ロックの役割や武道館という場のアウラを参加型テクノロジーを駆使して再生させたコンセプトメイクとプロジェクト運営の強さは驚嘆に値する。もっとも、「言葉狩りへの抵抗」による共同性の喚起は、反面、まさに排外主義的な世論やカルトを助長して現実を劣化させた側のロジックでもある。本公演のメッセージ性は、そうした両義性の析出も含めた問題提起として受け止められよう。(中川 大地)

当記事はSPICEの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ