瀬戸啓太が戦国の世でマジックバトルを展開 舞台『マジシャンズ・イン・バトルセンチュリーMagicians In BattleCentury~』の上演が決定

SPICE



2020年4月29日(水)~5月3 日(日) 新宿シアターサンモールにおいて、舞台『マジシャンズ・イン・バトルセンチュリーMagicians In BattleCentury~』の上演が決定した。

2019年8月に2日で完売した人気俳優とマジックの異色コラボレーションとなる舞台の第2弾で、今回は戦国時代を舞台にマジックバトルが繰り広げられる。

脚本は“伏線回収の魔術師”と言われている久保田唱(企画演劇集団ボクラ団義)、演出に、“海外の演劇界も認める奇才”村井雄(KPR/開幕ペナントレース)という人気の二人が初のタッグを組む。マジックを監修するのは、嵐、ももいろクローバーZなどイリュージョン演出を提供したマジッククリエイター集団「ROUTE13」から、Magura(マグラ)が手掛ける。

主役のミズキ役は、『S.Q.Sステージ』や『ふるあめりかに袖はぬらさじ』など、数多くの舞台に出演している瀬戸啓太が務め、戦いの苦手な武士・馬込弥太郎を、劇団Patchから三好大貴吉本考志がWキャストで演じる。ヒロインは、舞台『キューティーハニー』で主演を務めた、元NMB48上西恵。そして、弥太郎を支える妻を、宝塚歌劇団で数々のヒロイン役を演じてきた早乙女わかばが演じる。完全オリジナルの新作ストーリーとなる本公演へ期待が高まる。
ストーリー
前作の主人公“ミズキ”が行きついた先は、戦国の世。覇権を争う武士が跋扈する中で、ミズキが出会ったのは、戦いの苦手な武士“馬込弥太郎”だった。弥太郎は、戦国の世に存在しないミズキのマジックに感銘を受ける。一方、マジックを戦(いくさ)に活用する城主や軍師たち。マジックを戦いに使うことを望まないミズキ。しかし戦に巻き込まれてしまう。戦わなければ死・・。「マジシャンに、乱世(せかい)は救えるか?!」戦国時代(バトルセンチュリー)を、マジシャンらが駆け抜ける!!

当記事はSPICEの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ