『トップガン マーヴェリック』、全米公開日が2日繰り上げに

 俳優トム・クルーズの出世作、『トップガン』の34年ぶりの続編となる『トップガン マーヴェリック』。全米公開が現地時間6月26日から2日早い、6月24日に繰り上げになったという。Deadlineなどの海外メディアが報じた。

少しだけ早い口火を切ることになった『トップガン マーヴェリック』。トム演じる敏腕戦闘機パイロットのマーヴェリックが、エリート・パイロット養成機関“トップガン”の教官となり、訓練中の不慮の事故で死亡した相棒グースの息子ブラッドリー・“ルースター”・ブラッドショーなど、新たな訓練生に戦闘機パイロットのノウハウをたたき込む。

プロデューサーのジェリー・ブラッカイマーが語るところの「家族、友情、犠牲、競争の物語」というドラマ性と共に、手に汗握るドッグファイトや迫力満点の戦闘機スカイ・アクションなど、新旧ファンを唸らせる見どころがいっぱい詰まった一作になりそうだ。

本作では、2013年作のSFアクション『オブリビオン』でトムとタッグを組んだジョセフ・コシンスキーが、監督を務める。脚本は映画『ミッション:インポッシブル』シリーズのクリストファー・マッカリー、映画『ゴースト・イン・ザ・シェル』のアーレン・クルーガー、映画『アメリカン・ハッスル』のエリック・ウォーレン・シンガーが執筆。ルースター役は俳優のマイルズ・テラーが演じ、女優のジェニファー・コネリーや俳優のエド・ハリスなどが出演する。また俳優のヴァル・キルマーがアイスマン役でカムバックする。

映画『トップガン マーヴェリック』は日本では7月10日より全国公開。

当記事はクランクイン!の提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ