ガツンと食べたい日に!ウルフギャング・ステーキハウスでバーガーマンスを開催中

IGNITE


美味しいものでも食べて気分を上げたい今日この頃。

NY発祥のステーキハウス「ウルフギャング・ステーキハウス by ウルフギャング・ズウィナー」の国内4店舗(六本木・丸の内・福岡・シグニチャー青山)では、3月31日(火)までのランチタイム限定で、計6種類のハンバーガーを提供する「ウルフギャング・バーガーマンス」を実施している。



NY発祥のステーキハウス「ウルフギャング・ステーキハウス」の国内4店舗(六本木・大阪・福岡・シグニチャー青山 ※丸の内店は未実施となります)では、3月1日(日)から31日(火)までのランチタイム(11:30~14:30LO、大阪店 11:00~)限定で、レギュラーメニューのクラシックバーガーに、期間限定のオリジナルバーガー5品を加えた計6種類のハンバーガーを提供する「ウルフギャング・バーガーマンス」を実施する。

「ウルフギャング・バーガーマンス」は、各ハンバーガーのオリジナリティとバラエティが特長で、6種類ものハンバーガーをお値打ち価格で楽しむことができる企画。

通常販売している「プライムビーフ100% クラシックバーガー」を特別価格1,500円(税サ別、通常価格1,800円)で販売、他オリジナルバーガーも高級ステーキハウスとは思えないリーズナブルなプライスで楽しめる。

「プライムビーフ100% クラシックバーガー」は、同店の定番、プライムグレードの100%ビーフパティ280gのクラシックバーガー。



「ニューヨークスタイル ベーコン&チーズバーガー」(2,400円)は、プライムグレード100%ビーフパティ280gのクラシックバーガーにチーズと厚切りベーコンをトッピングした贅沢な逸品だ。



「ウルフィーバーガー」(1,500円)は、「プライムビーフ100% クラシックバーガー」をベースに、パティにオニオンを混ぜ込んだバーガー。ボリュームたっぷりながら、食感は軽めに、オニオンの香りと甘みをさらに生かした一品に仕上げた。



ピリッとシャープな味わいのゴルゴンゾーラ ピカンテと共に焼き上げたプライムグレード100%ビーフパティ、調理法の異なる2種類のオニオンと、旨味を凝縮した茸のペーストをサンドした「ゴルゴンゾーラ マッシュルーム バーガー」(2,400円)は、ブルーチーズが苦手な方でもクセになる味わいだ。



ヘルスコンシャスな人におすすめなのは、「南カリフォルニア ワカモレ バーガー」(1,700円)は、燦々と太陽の光が降りそそぐ南カリフォルニアをイメージし、フレッシュな野菜をふんだんに盛り込んだバーガー。



アイスバーグレタスとロメインレタスをバンズに見立て、ヘルシーな菜包みバーガーに仕上げた。

また、直火焼きした白身魚、ざく切りトマトとアボカドで作ったサルサソース、ルッコラをトッピングした、あっさりテイストが魅力の「フィッシュバーガー」(1,700円)も。



ケチャップをベースにホースラディッシュ(西洋わさび)を効かせたロシアンドレッシングが決め手となった味わいが楽しめる。

上質なバーガーをぜひこの機会に堪能してはいかがだろう?



◆ ウルフギャング・ステーキハウス 「ウルフギャング・バーガーマンス」 概要
期間:2020年3月1日(日)~31日(火) 11:30~14:30LO(大阪店 11:00~15:00LO)
店舗:「ウルフギャング・ステーキハウス」国内4店舗
(六本木店/大阪店/福岡店/シグニチャー青山店 ※丸の内店では実施いたしません。)

(Yuko Ogawa)

当記事はIGNITEの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ