現役医師が描く傑作ベストセラーを映画化!『仮面病棟』のピエロは「これまで見たことのないものに」「二面性を強調」



シリーズ累計発行部数110万部を突破! 18年、19年、20年の本屋大賞に連続ノミネート、ポスト東野圭吾と注目される現役医師・知念実希人が描く傑作ベストセラーミステリー『仮面病棟』が3月6日(金)より公開となります。




その日、病院は仮面の凶悪犯に占拠された―。主演・坂口健太郎×永野芽郁でおくる現役医師が描く傑作ベストセラーミステリーの映画化! 原作は現役医師作家・知念実希人のシリーズ累計110万部突破の傑作ベストセラー小説「仮面病棟」(実業之日本社文庫)。人気急上昇中のミステリー作家自ら脚本に参加し、主演には映画単独初主演となる坂口健太郎、ヒロインに自身初のミステリー映画に挑む永野芽郁を迎え、いま最も旬なふたりが抜群のコンビネーションを見せる。そして内田理央、江口のりこ、大谷亮平、高嶋政伸ら実力派キャストが集結し、病院の謎をより一層深める。監督は「99.9–刑事専門弁護士-」の木村ひさし。疾走感を奏でる主題歌には、UVERworldが本作のために書き下ろした楽曲「AS ONE」。病院の仮面の下に隠された≪衝撃の真実≫とは!?全ての謎を解くまでこの病院からは、決して逃れられない、謎解き体感!究極のノンストップ脱出ミステリー!




ピエロの仮面を被った凶悪犯に占拠された病院からの脱出劇を描く本作で、ひときわ異質感を放っているのが、まさに映画の象徴ともいえるピエロの面をかぶった凶悪犯。



本作のピエロは、とにかく不気味なピエロにしたいという制作陣の意向から、左の口角が不自然なまでにつり上がり、顔は白塗り、髪はロン毛でピンクとイエローといった、これまで見たことのない姿! デザインを手掛けたのは、本作で造形・特殊メイクを務めた松井祐一さん。2003年の『キル・ビル Vol.1』でハリウッド作品を手掛けた後、『悪の教典』『呪怨 終わりの始まり』『テラフォーマーズ』など洋邦問わず数々の話題作を担当しています。

「ピエロが登場する映画は多いので、似たようなものにならないよう気をつけました」と語った本作のピエロは、片方の口角をつり上げ、右側を切り取れば無表情で冷徹な顔に、左側を切り取ればニヤリと笑う不気味な顔に、 真正面から見るとそのアンバランスさでより一層何を考えているのか分からない恐怖感が伝わってくるが、メガホンをとった木村ひさし監督とのディスカッションの上、出来上がったが監督はあるロックシンガーをイメージされていたとのこと。

松井さんはさらに「左右の横顔はもちろん、角度や照明によってさまざまな表情が浮かび上がるようにして、演出をつけやすいように心掛けました。笑っていたり、怒っていたり、どこか寂しそうだったり。造形段階からどのように見えるのか色々と角度を変えながら試していって。タイトルにも仮面とついていますが、ピエロの裏の顔を観る側が色々と想像できるようなマスクになっていれば嬉しいですね」とその思いを語っています。

病院<謎>の仮面に隠された<衝撃の真実>とは一体何なのか!? そして2人はその仮面を暴いて無事に脱出出来るのか!?<ハラハラドキドキの謎解き体感ミステリー>劇中のピエロの造型ともども是非ご注目を!



『仮面病棟』

http://wwws.warnerbros.co.jp/kamen-byoto.jp/

(C)知念実希人/実業之日本社 (C)2020 映画「仮面病棟」製作委員会

―― 会いたい人に会いに行こう、見たいものを見に行こう『ガジェット通信(GetNews)』

当記事はガジェット通信の提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ