東出昌大がイジメ被害? 陰湿“公式写真”に「大人げない」と非難の声

まいじつ

2020/3/2 10:31

東出昌大 
(C)まいじつ 

不倫問題に揺れる俳優・東出昌大が、桐谷健太とダブル主演を務める連続ドラマ『ケイジとケンジ』(テレビ朝日系)。その公式インスタグラムが、ネット上で物議を醸しているという。

話題になっているのは、2月27日に投稿された1枚の写真。《とある「海外ドラマ」風に、集合写真を撮ってみました。どのドラマか、お分かりいただけるでしょうか?》というコメントとともに、ドラマで使用されている横浜地方検察庁のセットにて桐谷や比嘉愛未などら出演者がポーズを決めている写真を公開。しかし、そこには東出の姿はなく、左下に〝チョーク・アウトライン〟と呼ばれている主に事件現場においてチョークで被害者の跡を囲んだ線が…。

「その枠線は、東出を示していると考えるのが妥当かと思います。まるで〝遺体〟のように扱われている姿は、社会的に殺されたという比喩でしょうか。制作側の真意は不明であるものの、東出をイジる姿勢であることは間違いないでしょう」(芸能ライター)

大人のいじめはみっともない


ネット上では、不倫に関してはあくまで東出に全面的に非があるとしつつも、わざわざ公式の場でネタ的な扱いをしている制作側に対して、

《悪いのは東出なんだけど、こういうのはやり過ぎ。仕事なんだから逆に不快》
《いくら何でも不自然だよね、主演なのに。載せたら載せたで苦情は来るんだろうけど、何かイジメみたい》
《東出が悪いの大前提だけど実に大人げない》
《こんな写真出す方も性格悪くない?》
《イジメやん。そういうの見せられるだけでも気分悪いんだけど。現場の皆さんはこれで笑ってるの?》
《教室の机に花瓶を置くのと同じ構図。大人がふざけてやるなんて信じられない》

などと、アウトを唱える声が多く上がっている。

「ドラマの現場で行われた〝豆まき〟でも、東出は1人離れたところから演者がはしゃぐ様子を見ていたと報じられています。まあ、現場では完全な腫れ物扱いも仕方ないでしょう。触れることもスルーすることも、どちらにしても悩ましい存在ですよ」(芸能記者)

クランクアップまで、東出の地獄の日々は続きそうだ。

当記事はまいじつの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ