マクドナルドのトイレで34歳男、3歳女児に性的虐待(米)

米ミシガン州シカゴで2018年8月にオープンしたマクドナルドのフラッグシップ店は、天井が高くガラス張りのデザインで、スマートフォンやタッチパネルでの注文が可能な次世代型店舗である。おしゃれで低価格なことから若者や家族連れに人気の同店だが、先月17日に34歳の男が3歳女児に性的虐待を加えるという事件が発生し、地元に衝撃が走った。

事件が起きたのは先月17日の午前8時20分頃で、被害に遭った女児は父親やきょうだいと一緒に男性用トイレに入り、2人を個室の外で待っていた。『CBS Chicago』によると、女児は父親がきょうだいに気を取られている間に、すぐ隣の個室にいたクリストファー・プエンテ(Christopher Puente、34)にそばに来るように誘われ、そのまま引きずり込まれたのだという。クリストファーはまだ訳も分からぬ女児を膝の上に載せると事に及び、女児が「ダディ、ダディ、ヘルプ!」と叫び出すと手で口を押さえつけた。

女児の叫び声に気付いた父親は、鍵が閉まった個室の戸を必死に開けようとしたが女児を助けることはできず、戸の上の隙間から中を覗いて事態を察した。アメリカの公衆トイレは防犯のため戸の上下がかなり開いており、父親は戸の下から見えていた女児の脚を掴むと、そのまま引っ張り出した。

その後、父親は女児を母親のもとに連れて行き、再びトイレに戻ったがクリストファーはすでに逃亡。地元警察は監視カメラの映像をもとに捜査を開始した。そして事件から2日後、事件当時と同じ服を着て別の件で揉めていたクリストファーを、地元の警察官が発見したことから逮捕に至った。

女児は事件後に入院して手当てを受け、クリストファーは13歳以下の子供に対する略奪的性的暴行罪で起訴された。耳に障がいがあるクリストファーは、先月20日に行われた審問で「ドラッグでハイになっていた。悪いことをしてしまった」と手話通訳者を通して語ったが、性的虐待をしたことに関しては否認している。裁判所の記録によると2006年から違法薬物所持、強盗、不法侵入などを繰り返しており、3月10日に行われる裁判までは保証金の設定なしで勾留されるとのことだ。

画像は『Metro 2020年2月21日付「Girl, 3, cried ‘Daddy, daddy!’ as stranger raped her in McDonald’s bathroom」(Pictures: Chicago PD)(Picture: Google Maps)』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 A.C.)

当記事はテックインサイトの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ