マコーレー・カルキン、『アメリカン・ホラー・ストーリー』シーズン10に出演

 クリスマスの定番コメディ『ホーム・アローン』シリーズのケビン役で一世を風靡した元子役のマコーレー・カルキンが、ライアン・マーフィー製作のホラー海外ドラマ『アメリカン・ホラー・ストーリー』のシーズ10に出演することが明らかになった。

マーフィーが自身のインスタグラムに白黒の浜辺の映像を投稿。オーヴィル・ペックの楽曲『Dead of Night(原題)』をBGMにして、シーズン10のキャストの名前を発表した。マコーレーの名前は常連キャストの女優キャシー・ベイツの後で、2番目に表示されている。

他のキャストは、女優陣がレスリー・グロスマンやビリー・ロード、サラ・ポールソン、リリー・レーブ、アディナ・ポーター、アンジェリカ・ロス。俳優陣はエヴァン・ピーターズとフィン・ウィットロックと、みな続投組だ。シリーズに定期的にレギュラー出演する女優のエマ・ロバーツやジェシカ・ラング、アンジェラ・バセットなどの名前はなかった。

シーズンごとにテーマが変わる異色ホラードラマの『アメリカン・ホラー・ストーリー』。シーズン10のあらすじや、マコーレーを含むキャストの役柄は不明だ。

日本では、出演作のリリースが2007年の劇場未公開映画『男と女の不都合なセックス事情』が最後となるマコーレー。『アメリカン・ホラー・ストーリー』に出演するとなれば、リリースされる確率が高い。どんな演技を見せてくれるのか、今から楽しみだ。

当記事はクランクイン!の提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ