“東京のホテル選び”最新おすすめは「三井ガーデンホテル六本木プレミア」! “最上級の夜景&グルメを堪能

ウレぴあ総研

2020/3/1 11:00

東京を観光するならホテルにもこだわりたい!

そんな女性におすすめのホテル『三井ガーデンホテル六本木プレミア』が、東京を代表するおしゃれでスタイリッシュな街・六本木にオープンしました。

六本木駅・六本木一丁目駅から近く、どこへ行くにも便利で観光拠点にもぴったりの六本木の中心部に位置しており、利便性抜群。

だからといって、ただ泊まるだけなのはもったいない、お部屋も食事もホテルでゆっくり楽しみたくなる上質な寛ぎ空間が一押しのホテルです。見どころを詳しくご紹介します。

■『三井ガーデンホテル六本木プレミア』ってどんなところ?

■ゆったり空間の客室は全11種類

客室デザインは、日本らしさを取り入れつつも、間接照明や素材の光沢感で煌びやかな六本木の品格を演出。

ガラス張りのバスは独立タイプで、ゆったりと寛げる広さを確保。お部屋の平均面積は約27平米で広々としています。

■バスアメニティは『BALMAN』

六本木らしさはバスアメニティにも!デラックス、スイートには世界中で大人気の一流ブランド『BALMAN(バルマン)』フルセットが用意されています。

お肌が弱くて外資系の商品はちょっと…という方もご安心を!東京ミッドタウン皮膚科形成外科クリニック『ノアージュ六本木』との共同開発により生まれた、スキンケア・ヘアケアブランド『MUNOAGE(ミューノアージュ)』のスキンケアセットも用意されているんですよ。

モデレート、スーペリアは『MIKIMOTO(ミキモト)』や『雪肌精』をはじめ、バスソルトも標準用意されているので、バスタイムが一段と癒されます。

■ビールにジュース、獺祭も!充実したミニバー

デラックス、スイートには、淹れたてのコーヒー、緑茶が楽しめるマシンはもちろんのこと、冷蔵庫の中身も充実!

定番のビールやジュースをはじめ、純米大吟醸『獺祭』を無料で堪能できるセットも用意。

モデレート、スーペリアにはクラムチャウダーやポタージュスープがあるので、観光で疲れてお部屋に戻っても、寛ぎながら飲むことができます。

食べ過ぎたり飲み過ぎたからちょっと体を動かしたい! そんな時には13階のフィットネスルームへ。

ヨーロッパ最大級のフィットネスマシンメーカー『テクノジム』の最新機器で、思い思いのワークアウトができます。

早朝から深夜まで開いているので、利用しやすいところも嬉しいですね。

■六本木一の高さを誇るテラスで、朝からローストビーフを堪能

ホテル最上階に位置し、目の前に東京タワーを臨むテラスを併設したレストラン&バー『BALCON TOKYO(バルコン・トーキョー)』から見る夜景は、とにかく絶景!

そんな夜景を眺めながらいただける、シャンパンとのマリアージュに徹底的にこだわった旬の食材を生かした料理は、アラカルトメニューも充実。

少しだけ食べたいけれど、味と場所に妥協はしたくない! そんな方にぴったりです。

3日間かけて作られた特製グレービーソースをかけたローストビーフは、夕食だけでなく朝食にも提供あり!

宿泊プランについている朝食は、メイン1品を3種から選び、サラダやデリ、メゾンカイザーブレッドやスープ、ジュースやコーヒーなど多数のドリンクを思い思いに楽しめるハーフビュッフェ形式。

これに+500円でローストビーフが主役の『モーニングローストビーフ・セット』もしくは『トリュフ ローストビーフバーガー・セット』を選択できます。

朝の日差しをたっぷりと浴びながら、六本木の喧騒から離れてゆったりとした朝食をテラスで楽しむのも、また格別。

朝食、ディナーどちらも宿泊者でなくても利用可なので、ぜひ行ってみて!

ちなみに、11時から16時まではダイニングエリアを宿泊ゲスト専用ラウンジとして開放。セルフサービスのフリードリンクが用意されています。宿泊した際は、利用必至です。

『三井ガーデンホテル六本木プレミア』の場所は、東京メトロ日比谷線・都営大江戸線『六本木』駅から徒歩約5分、東京メトロ南北線『六本木一丁目』駅から徒歩約7分。ぜひご利用くださいね。

【取材協力】

※ 三井ガーデンホテル六本木プレミア

当記事はウレぴあ総研の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ