張本勲氏、大谷翔平選手の打撃に苦言 「8年目になにやってんの」

しらべぇ

(写真提供:JP News)
1日放送の『サンデーモーニング』(TBS系)で、張本勲氏がメジャーリーグ・エンゼルスの大谷翔平選手に苦言を呈した。

■大谷選手にダメ出し


番組では大谷翔平投手が春季キャンプでブルペンに入り、投手としての練習を再開したことを紹介。さらに打者としてオープン戦に出場し、足を上げる、上げないなど打席ごとにフォームを変えたことを取り上げた。

張本勲氏はこの様子を見ると、「大谷、8年目でしょプロ野球入って。あーだのこうだのよったんじゃ、あんまりいい成績残せないよ」とダメ出し。

続けて、「今固まって置かなきゃ、バッティングの内容を。そんなもん8年目になにやってんの。やっぱりこれだっていうバッティングを見つけていかないと。足を上げたり、上げなかったり…」と苦言を呈した。


関連記事:「アメリカ野球のレベルは落ちた」 張本勲氏がMLBに苦言を呈して炎上

■指導者にも苦言


ゲストの元東京ヤクルトスワローズ監督・真中満氏は、「試行錯誤しながらやっているのかなという印象」「やりながら考えているのでは」と大谷選手のプレーに理解を示す。

しかし張本氏は「上げていい人もいるんですよ。ヤクルトの山田とか、ワンちゃんとか。上げちゃいけない人もいる。一瞬止まりがあるからね。動いてるなかに止まらないと駄目なのよ。ちょっと難しいけどね」と持論。

そして「これだけ素質と力があるのにね、もったいないわね。ちゃんとしたバッティングを教えるような人がおったらね、素晴らしいバッターになるけどね」とコメントした。

関連記事:大谷翔平の3戦連続弾は「まぐれか米国投手のレベル低下」 張本氏の発言が炎上

■「投手・大谷翔平」は高く評価


関口宏はこの話を聞くと「去年身体を悪くしましたよね」と張本氏に質問。すると同氏は「走り込んでないから。練習しない選手は短命ですよ」とバッサリ。

真中満氏は「これから試して。それより僕はピッチャーが見たい。球が凄いですから」と話を変える。「投手・大谷翔平」について聞かれた張本氏は、「9:1でピッチャー。バッテングはそこそこ打つけども、いい成績は残せない。100年に1人のピッチャーですよ」と話す。

そして「角度があって上から真っ直ぐ来るのは打ちにくいんだ。ピッチャーをやってほしいけどね」と持論を展開。コメントを聞いた真中氏は「とにかく凄い選手なんですよ。打つほうも投げるほうも素晴らしい」と大谷選手をフォローした。


関連記事:張本勲氏、筋骨隆々の大谷翔平選手にダメ出し 「プロレスじゃない」「走れ」

■反応は賛否両論


先週の放送に続き、大谷選手について「走り込み不足」「8年目になにやってるのか」とダメ出しをした張本氏に視聴者からは「周りがガタガタ言わないで」「温かく見守ることができないのか」と怒りの声が。

一方で「期待の裏返し」「張本さんは大谷選手が好きでしょうがないのでは」という意見も。また、大谷選手を守った真中満氏については「さすが元監督」「全体が見えている」など称賛が上がった。

前例のない二刀流をメジャーリーグでも続ける大谷翔平選手。張本勲氏の苦言を力に変え、頑張ってもらいたい。

・合わせて読みたい→張本勲氏、「去年のドラフト1位は全部ダメ」と苦言 野球ファンから異論も

(文/しらべぇ編集部・佐藤 俊治

当記事はしらべぇの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ