渡部建、宮下草薙・草薙に「面白くない」と言われア然

※画像は、アンジャッシュ 渡部建オフィシャルブログのスクリーンショット

 

2月25日放送の『ロンドンハーツ』(テレビ朝日系)では、アンジャッシュの渡部建が『世間が思う良い印象&悪い印象を当てよう』という企画で第7世代の宮下草薙・草薙航基に屈辱的な回答を出されア然とする場面が見られた。

 

草薙「ごめんなさい。ごめんなさい」

 

世間が思う良いイメージランキングの1位が『グルメに詳しい』だった渡部。悪いイメージランキングに移ると、渡部に毒舌全開の有吉弘行が「ジモンと変わりゃしねえ」と同じくグルメにうるさい寺門ジモンと同列に並べ、この屈辱に渡部は猛反論。しかし番組側のジャッジのユルさで4位の『食にうるさい』に該当となる。

 

また藤田ニコルも一般の意見だとしながらも「奥さんが有名でキレイだから調子に乗ってる」とバッサリ。そしてこの答えも8位の「嫁と釣り合っていない」と10位の「鼻につく。調子にのってる」に該当。次のアンタッチャブルの柴田英嗣は「もはや芸人じゃない」と切り込み、ア然とする渡部に「いい意味でね。文化人になられて。司会もやられてるしね。音楽番組とかもきれいに回すって考えると」とフォロー。しかし結果は「お笑いをやってない。イメージがない」と2位と的中。

 

そんな中、草薙が「面白くない」と思い切った回答。これに渡部は「言っちゃったよ。はっきり言っちゃったよ。なあ?」と草薙に詰め寄る。これに草薙は「2位が……。2位が『お笑いやってない』なんで……。予想、予想です」と顔をクシャクシャにしながら渡部を傷つけまいとフォロー。しかし結果はなんと1位。しかも「面白くない」と忖度のないパーフェクトな回答。この結果に嬉しそうに立ち上がる草薙だったが、渡部は「おい待て待て!」と大慌て。草薙はオドオドしながらも笑顔で渡部に近づき「ごめんなさい。ごめんなさい」と平謝りとなった。

 

渡部は「私はお笑いをやってないと皆さんに思われてるわけですよね?お笑いをやってないと思われてる俺をさらに『面白くない』って。これどういう……。なんの俺を見て?ちょっと待って!」とランキングの結果にア然としていた。

 

(めるも編集部)

 

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ