【お花見特集2020】古墳の頂上に茂るソメイヨシノ「さきたま古墳公園」

TABIZINE

春の陽気とともに待ち遠しくなる桜の開花。豪快に咲き誇るピンクの花に、心躍らせたことはありませんか? 見慣れた桜景色を今年も見られる喜びもありますが、まだ見ぬ桜の風景を求めて旅してみてはいかがでしょう。全国に点在する桜の名所を特集でご紹介します。今回は埼玉県行田市の「さきたま古墳公園」です。さまざまな古墳が点在する園内には、桜並木が数か所あるほか、古墳の頂上にこんもりと茂るソメイヨシノも人気の桜スポットとして知られています。

(C)Shutterstock.com

広大な敷地に古墳が点在。国指定史跡「さきたま古墳公園」

(C)Shutterstock.com

埼玉県行田市にある「さきたま古墳公園」は、約37万平方メートルという広大な敷地内に大小さまざまな古墳が点在しています。公園内にある古墳は円墳や前方後円墳など形も多様で、一番古い「稲荷山古墳」は5世紀後半頃に作られたと考えられているそう。貴重な古墳群は、国指定史跡となっています。

敷地内にある「さきたま史跡の博物館」では、古墳の調査や復原、出土した史料の展示を行っています。さらに、考古学に関する企画展や講演、さまざまな世代に合わせた体験も実施していますよ。

公園内に点在する桜並木
さきたま古墳公園
(C)埼玉県立さきたま史跡の博物館

さきたま古墳公園は、地元の人が以前植樹したソメイヨシノが近年成長し、桜の名所として親しまれています。公園内には約200本の桜があり、駐車場や芝生広場、丸墓山古墳の手前にある石田三成が忍城水攻めの際に築いたという堤防「石田堤」など、美しい桜並木が点在しています。

頂上にピンク色の茂みが出現「丸墓山古墳」
さきたま古墳公園
(C)埼玉県立さきたま史跡の博物館

国内最大級の円墳として知られる、直径105メートルの「丸墓山古墳」は、高さ約19メートルの頂上まで徒歩で登ることができますよ。こんもりとした円墳の丘の頂上に茂る、ピンク色の桜はなんともフォトジェニック。頂上からは、隣の稲荷山古墳や、その向こうにある将軍山古墳の墳丘、行田の市街地が眺望できます。


(C)Shutterstock.com

「幻想的な夜桜ライトアップの並木道
さきたま古墳公園では、毎年夜のライトアップを実施しています。上品に照らされた桜並木など、美しい夜桜を鑑賞しながらお散歩してみてはいかがでしょう。ライトアップは開花時期に合わせて実施されるので、最新情報は公式サイトでチェックしてみてくださいね。

【さきたま古墳公園】
所在地:〒361-0025 埼玉県行田市埼玉4834
TEL:048-559-1111(さきたま史跡の博物館代表)
ライトアップ:あり(18:00~21:00)
桜まつり:なし
公式サイト:http://www.sakitama-muse.spec.ed.jp/?page_id=109

2020年開花状況の見込みは?
「さきたま古墳公園」の例年の桜の見頃時期の目安は4月上旬頃のようですが、2020年2月20日発表の日本気象株式会社の情報によると、関東地方の開花時期は平年よりかなり早い見込みと予想されています。

今後の気象状況で予想は変動することがあるので、情報を随時ご確認くださいね。

日本気象株式会社: 2020年桜の開花・満開予想

情報協力:埼玉県立さきたま史跡の博物館
[Photos by 埼玉県立さきたま史跡の博物館 and shutterstock.com]
Please do not use the photos without permission.

当記事はTABIZINEの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ