『三大怪獣グルメ』ビジュアル解禁 乃木坂46・吉田綾乃クリスティーらの出演も発表

クランクイン!

 俳優の植田圭輔が主演を務める河崎実監督の最新作『三大怪獣グルメ』の公開日が5月23日に決定。併せて追加キャストとして乃木坂46の吉田綾乃クリスティーらの出演が発表され、グルメの名にふさわしいシズル感あるビジュアルも解禁となった。

本作は、国立競技場をドンブリにして巨大海鮮怪獣を海鮮丼にしてしまう特撮怪獣映画。『いかレスラー』『地球防衛未亡人』などバカ映画一直線の日本映画界の異端児・河崎監督の43年間にわたる構想を経て製作された。

巨大イカと巨大タコが東京に突如現れた。イカラ、タッコラと命名された巨大怪獣に、カニのカニーラが加わり東京は壊滅状態に。テロか、核実験による突然変異か、それとも南海トラフ地震の前兆か?

そんな中、疑惑の人物が浮かび上がった。元超理化学研究所員・田沼雄太。生物を巨大化する劇薬の開発中に研究所をクビになり、今は実家の寿司屋を手伝っている男だった。政府が組織するシーフード怪獣攻撃部隊SMAT司令・響は雄太の動向を探る目的を兼ね、この天才科学者をSMATへ招き入れた。

死闘の中、切り落とした怪獣の切り身は誰もがうなるほどの美味だったが、数々の作戦は失敗に終わり、SMATは最後の望みを賭けて「海鮮丼作戦」を決行することに。果たして東京の運命やイカに!?

映画化決定とともに発表された主演の植田に続き、シーフード怪獣攻撃部隊SMATのメンバー役として、吉田綾乃クリスティーをはじめ、新感覚エンターテインメントショーボーイズユニット「TOKYO流星群」の安里勇哉、俳優の横井翔二郎、そして『ウルトラマンダイナ』のヒビキ隊長役も務めた木之元亮というバラエティー豊かなキャスト陣が、三大海鮮怪獣との死闘に挑みつつ、戦いの中で手に入れた絶品怪獣肉料理に舌鼓を打つ。

さらに、監修の久住昌之のほか、村西とおる、吉田照美、ケイ・グラント、泉麻人、彦摩呂、パラダイス山元らがカメオ出演する。

SMATメンバーの星山奈々役を演じる吉田綾乃クリスティーは「お話をいただいた時は驚きばかりでしたが内容はいつか自分が挑戦してみたかった映画で、緊張もしましたがキャストの皆さんやスタッフの皆さんがとても温かく、楽しく撮影に臨めました。どこか懐かしさを感じたりクスッとするシーンもあり老若男女問わず楽しめる作品になっていると思います」とコメント。

監修の久住は「サイコーでした。馬鹿だなぁと思いながら、最後の特撮シーンで、なぜか胸が熱くなりました。『怪獣のタタカイ』はボクのふるさとです。しかたないです」としている。

映画『三大怪獣グルメ』は5月23日より全国順次公開。

当記事はクランクイン!の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ