マツコ、新型コロナウイルスでのイベント中止「フォローも含めて発表して」

※画像は、『5時に夢中!』公式Twitter より

 

2月24日放送の『5時に夢中!』(TOKYO MX)では、コラムニストのマツコ・デラックスが、世界で感染が拡大している新型コロナウイルスの防止策として民間施設に対する指針を求めた。

 

マツコ、政府に指針要求「決断できないわよ」

 

番組では新型コロナウイルスに関する記事をもとにトークを展開。MCのふかわりょうが株式トレーダーの若林史江に「ご自身の周りで影響は出てますか?」と尋ねると若林は「先週告知させていただいたんですけど、セミナーが全部キャンセルというか自粛というかたちで、申し込んでくださった方、たくさんいらっしゃったんですけど、ごめんなさい」と自身のイベントも中止になったことを明かした。

 

これにマツコは「しょうがないよね。こういうご時世だから」というと「横浜でもやる予定だったからさ。横浜と千葉だったのよね。だからそれ以降のものも全部だめになっちゃったのよね」と感染者の報告が相次ぐ千葉県と神奈川県でのイベントであったことに触れた。続けてマツコは「これから色んなものが中止になっていくだろうから、ちょっとホントに経済的なものが恐ろしくなってきたね……」と不安を口に。

 

また若林が「東京都が500人?以上のイベントは中止(すると発表したけど)ここまでちゃんと指針を出してくれるって運営側としてはどっか楽なんですよ。どっかで英断しなきゃいけないけど、どっかでやりたい気持ちもあるっているのがね、やっぱり運営側というか商売してる側だと思うので、それこそですけど政府がちゃんと『こうである』というものを出してくれないと、一般人は動きずらいよね」と考えを述べた。

 

するとマツコも「あとイベント会場とかだとキャンセルしなきゃいけないわけじゃん?公共の施設ならともかく民間の施設の場合はさ、そちらが今度損害被っちゃうから、まあ折半にするとか何でもいいけど、ちゃんとフォローも含めて発表してくれないと決断できないわよね」と政府に指針を求めていた。

 

※当記事は2月24日放送時の内容です。番組放送後の2月26日に政府よりイベント等の自粛・延期が要請されました。

 

(めるも編集部)

 

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ