ミニーが過去と未来の舞浜を橋渡し!ファン落涙の『イッツ・ベリー・ミニー!』が大人気なんです

テーマパークが好きっ!

イッツベリーミニー

 

現在東京ディズニーランドでは、期間限定のスペシャルプログラム『ベリー・ベリー・ミニー!』を開催しています。

その名のとおり、ミニーマウスが主役のプログラムで、これが新旧ファンの間で大人気! そのメインコンテンツである“とあるショー”が話題の的です。

 

のっけから号泣!歴代ショーをミニーが可愛さ全開で再現

 

イッツベリーミニー

イッツベリーミニー

 

その“とあるショー”とは、ショーベースという会場で公演している『イッツ・ベリー・ミニー!』のこと。通称イツベリ or イツミニです。これの何がそこまでの人気かというと、過去に東京ディズニーリゾートで公演していたショーやパレードの数々を簡易的に再現していくからです。

 

イッツベリーミニー

イッツベリーミニー

 

記憶に新しい『ミニー・オー!ミニー』を皮切りに、過去にパークで展開していた名ショーや名パレードの数々が、当時の衣装&当時の音楽で続々と再登場!『ミニー・オー!ミニー』であればみなさんわかりそうなものですが、長年パークに通いつめていたファンは悲鳴が出るほどうれしい!

 

懐古~一発!まさかもう一度あのショーが観られるとは…

 

イッツベリーミニー

イッツベリーミニー

イッツベリーミニー

 

『ミッキーのドリームカンパニー』『ヒッピティ・ホッピティ・スプリングタイム』『ボンファイアーダンス』など、東京ディズニーランドと東京ディズニーシーの枠組みを超えて、あの名作群が音楽やコスチュームはそのままに、懐かしくも新しいスタイルとなり、レビューショーで大復活!

 

イッツベリーミニー

イッツベリーミニー

 

写真のように『ミステリアス・マスカレード』『レジェンド・オブ・ミシカ』というように、「各ショーの流れも秀逸」という意見も見られ、ファンはこのショーベースで号泣しちゃうわけです。1回目以降の鑑賞回は抽選制ですが、年パスを塩で清めれば当たる(笑)とSNSでも話題になりました。

 

ミッキーもカッコいい!大盛り上がりのパートがコレ!

 

イッツベリーミニー

イッツベリーミニー

 

このイツベリ(or イツミニ)、会場で最高に盛り上がるシーンが、こちらの「クラブスタイル」の場面でしょう。『Dポップ・マジック!(Zip-a-Dee-DooDah HIP-HOPver.とのマッシュアップ)』と『スーパーダンシン・マニア』は、いまが令和であることを忘れるほど。熱いんです!

 

イッツベリーミニー

イッツベリーミニー

 

ミニーマウスやミッキーマウスだけでなく、続々と登場するディズニーの仲間たちがラテンやロマンス、クラブなどのシーンに合わせ、さまざまなスタイルを披露。懐かしくもあり、最近のファンには新鮮でもあり、カッコいいです。

 

(そういえば最近、アウラニにマックスが登場したようですね!)

 

3月は自由席なし!全席抽選!すべては運に任せた激戦が始まる!

 

イッツベリーミニー

イッツベリーミニー

 

ショーのフィナーレは東京ディズニーランドの未来の部分であり、ミニーマウスをイメージした新しいコスチュームを着たディズニーの仲間たちが大集合。新たなテーマソングに合わせて盛大なクライマックスを迎えますが、この曲がすごく良いです。いつかどこかで、また聴けるといいなあ。

 

イッツベリーミニー

 

実は同ステージショーを含めた『ベリー・ベリー・ミニー!』は、今年4月に東京ディズニーランドに開業するミニーマウスのキャラクターグリーティング施設「ミニーのスタイルスタジオ」、そのオープンを記念しての開催なんです。舞浜の過去と未来を橋渡しするミニーの奮闘に注目です!(執筆・撮影・企画/takashi.tokita_tokyo)

 

(C)Disney

WRITER

  • takashi.tokita_tokyo
  •        

  • 「映画生活(現ぴあ映画生活)」初代編集長を経てフリーに。映画とディズニー(主にパーク関連)をメインによく取材しているが、パリとクルーズが未体験なことはナイショです。また、ディズニー好きが集まって、あることないことを語り尽くす無害なポッドキャスト「田組fm」が、SpotifyやApple Podcastなどで配信中。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ