【専門家監修】夫のモラハラスイッチを入れない3つの方法。される側の原因は!?【離婚できない妻のモラハラ対処法 Vol.2】

夫のモラハラに傷つき苦しんでいるけれど、「離婚できない」…そんな声がよく聞かれます。

そこで今回は、夫からモラハラを受けていても、その相手と“離れられない、あるいは離婚できない関係にある人”のために、平和を取り戻す方法をモラハラカウンセラーのJoeさんに聞きました。

「あなたの夫はモラハラ体質?その特徴や原因とは」の続きです。

■モラハラ夫になるのを防ぐ方法はある?

1.どうして自分は攻撃されるのか


Joeさんによると、攻撃を受けるのは、その人が「弱い人間」で、「有害」と思われていることが原因と言います。
●弱い人間
夫から見て、妻が攻撃しても差し支えないくらい「弱く見えている」(=反撃が怖くない)

●有害な人間
夫からみて、妻の行動や存在がイライラさせられる。夫と違うものを妻が持ち、夫が嫉妬している

たとえば、妻がやりがちな「媚びる」という行為。Joeさんはこれはやめた方がいいと断言します。

イラスト:鈴木し乃

なぜなら「人は弱い立場にあるときや自分をわかってほしいときに、『媚びる』という行動をしがちです。でも、これは『私は弱いですよ』、『弱いからやさしくしたほうがいいですよ』、と言っていることと同じです。これに夫がイラっとし、妻を弱く、有害だと認識することになります」。

恐ろしいのはモラハラ夫の場合、その「有害」の理由をでっちあげること。妻に非がなくても、攻撃していい「理由」を見つけ、「おまえが悪い」=有害と決めつけてしまう。妻は弁明しようとしますが、モラハラ夫は話をすり替え、相手が「悪いのは私なんだ」と思うように仕向けていくと言います。

2.攻撃させない方法とは?


では、モラハラ夫にスイッチを入れさせないようにするには、どうしたらいいのでしょうか。「『弱く』『有害』だと思われている自分の印象を変えれば、夫は攻撃できない」。ここにJoeさんは着目します。

普通だったら「話し合って、もとの信頼関係に戻りたい」と思うかもしれません。しかし、いつも攻撃されている場合、そうした方法で修復できるような相手ではないのです。だから、夫に映る自分を変えることで、“攻撃欲を萎えさせていく”。これがこのメソッドのポイントとなります。

■夫のモラハラスイッチを押さない方法
それでは早速、「Joeメソッド」の基礎編と言える「攻撃がなくなる3つの方法」を紹介していきます。

ステップ1.自分は「悪人」であるとして相手に接する


最初に意識するのは「悪人として相手と接すること」

「相手はあなたのことを“弱い”もしくは“有害”と見なして攻撃してきます。すると、あなたはその必要がないのに傷つき、『自分が至らないせいだ』と責めてしまう。だから、『自分はいい人なんかではない』『悪人的な一面もあって当然』という意識を持つことで、むやみに傷つくことをなくすのです」。
夫のモラハラスイッチを押さない方法

イラスト:鈴木し乃

じつはこの「悪人として接する」は、メソッドを遂行する上で“重要なカギ”になるのだとか。というのも、このメソッドは身近な人間に対する態度や行動としては、誠実でも親切でもないものばかり。そこで邪魔になってくるのが、「罪悪感を持つこと」なのです。

「相手に対して悪人のマインドを持って行動すれば、『こんな対応をしてかわいそうだな』と思わず済みます。本当の悪人になるわけではなく、自分の心の中だけで悪人になるのです」。

ステップ2.相手に無関心になる


状況を変える上で、「自分の感情はすべて邪魔になる」

たとえば、被害者が抱きやすい憎悪や罪悪感といった感情を見せてしまうと、「弱さ」や「有害さ」のアピールになってしまう。そのような感情は、そもそも相手に大きな関心を抱いているからこそ生まれてくるもの。でも、夫の存在に無関心になれればこの感情は消え、相手に攻撃させる理由を与えず済みます。

攻撃してくる相手には“無関心”を基本姿勢とし、必要なときだけ関わるようにする。こうした姿勢を貫けば、相手を自分の生活から排除せずとも、影響を最低限におさえながら自分の人生を生きることができます。

ステップ3.反応を減らす


「自分の感情を隠す」「感情表現を平坦にする」「淡々とした態度を貫く」

これらは“相手への関わり方”を変えるメソッドです。
モラハラ夫への関わり方は、「自分の感情を隠す」「感情表現を平坦にする」「淡々とした態度を貫く」

イラスト:鈴木し乃

自分の感情を隠す
今までありのままの自分を見せてきたことで、攻撃されてきたのかも。だからまずは本当の自分(人間性)、本当の感情を相手に見せないようにすること。感情を隠して関わり方を変えることで、夫を不気味がらせる。

これが「得体の知れない怖さ」となって相手に映り、自分のイメージは「強い」へと変化します。ただ、この態度が怒りや威嚇のサインと思われないよう注意が必要。

感情表現を平坦にする
相手に対して起こる感情の動き、そこからくる表情の変化などの反応を最低限にする。

ゼロにするのではなく、あくまで「最低限に減らす」というのがポイント。「無表情だ」となると相手に有害性を感じさせるので要注意。
<基本表情>
「いい天気だな」という程度の穏やかな表情。笑うときは、歯が見えないほほ笑み。

<自分に非があるときの表情>
「無念な表情」

号泣や爆笑、キレるなど、自分の限界を見せるような極端な表現はなくします。すると、相手からすれば想像より反応が薄いので「あれ?」となる。とはいえ無反応ではないので、攻撃する理由にはなりません。

この“相手の予想と少しずれた反応”を見せることが、「得体の知れない怖さ」につながり、攻撃欲の喪失につながるのだそう。

淡々とした態度を貫く
最後に、モラハラ夫に対して日常的にどんな態度をしていくか。相手が責めようがない程度に、最小限に薄い態度を取ると言います。
<淡々とした態度(例)>
・いつも態度が変わらない
・リアクションの起伏が浅い
・ビクビク、オドオドしない
・その場に合わせてきちんとほほ笑み、きちんと困る
・個性的な言動をしない
など

「何かを秘めている雰囲気」「得体の知れない怖さ」を意識して貫くと、弱くも、有害でもなくなり、攻撃されないキャラクターとなるのだと言います。

■自分が変われば相手も変わる
いかがでしたでしょうか? 書籍にはさらに「ステップ8」まであり、その方法が具体的にわかりやすくつづられています。「すぐに変化があらわれなくても、着実に相手にとってあなたのイメージは変わっていく」とJoeさんはいいます。

人間関係は、それぞれの言動や表情が反応し合って築かれていくもの。相手の動き次第で、やさしい気持ちになったり、不快になったり、悲しい気持ちになったり。逆も同じ。自分が変われば、相手の気持ちや行動も変わってくるのです。

次回は、「モラハラから起こる二次被害」について、そして「夫からの攻撃がなくなった後、離婚せずにどのように自分の人生を生きるのか」、Joeさんにお話を伺います。

■今回お話をうかがったJoeさんの著書
『離れたくても離れられないあの人からの「攻撃」がなくなる本』

(Joe/SBクリエイティブ ¥1,430(税込))
モラルハラスメントを受け苦しんでいるけれど、“離れられない”または“離婚できない”人に向けて、自分の平和を取り戻すメソッドを紹介。シチュエーションに合わせた表情やしゃべり方、心の持ち方まで、具体的ですぐ実行できるメソッドが並ぶ。

Joe(ジョー)さん
モラハラ対策カウンセラー。1976年、典型的なモラルハラスメントの関係にある家庭に生まれる。自身の経験から、モラハラをする人、被害を受ける人の心理を学び、モラハラで苦しむ人にアドバイスを始める。現在は、ブログや講演会などでメソッドを伝えている。
ブログ:離れられない『モラハラ』『身近な人からの攻撃』対処の超裏技!

》「離婚できない妻のモラハラ対処法」連載
あなたの夫はモラハラ体質?その特徴や原因とは
https://woman.excite.co.jp/article/lifestyle/rid_E1579012000228/

》「モラハラ夫図鑑」連載
優しかった夫…怒りスイッチは突然に/まさしの場合
https://woman.excite.co.jp/article/child/rid_E1575616098178/

人前で私にダメ出しする夫…横暴な態度に呆然/けいすけの場合
https://woman.excite.co.jp/article/child/rid_E1580111217178/


(古口春菜)

当記事はウーマンエキサイトの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ