対等になれない? 学生時代、年上彼氏との交際中にモヤッとしたこと




学生時代に年上の男性と付き合うのって、憧れのひとつでしたよね。でも年齢差が大きくなるほどに、女性側が我慢しなくてはいけないこともあったよう。
そこで今回は、「学生時代、年上彼氏との交際中にモヤッとしたこと」についてご紹介します。

1: 何かと上から目線になりやすい

・「何かといえば彼の口癖は『学生はラクでいいよな』だった。私が就活で悩んでいたときも、『俺もそんな時代あったな~』『まぁ働いてみてわかったけれど、採用するほうも大変なんだよね(笑)』と言ってきて、かなりイラっとしました」(20代/保険)

▽ 共感してもらえないって、地味に心をえぐられますよね。最初は大人な彼が好きだった女性も、「これだったら同い年の男性のほうが気が合うな」と考えが変わってしまいます。

2: ファッションに気を使う

・「彼の隣に並ぶことを考えると、大人っぽい格好にしなきゃダメだなって思っていました。本当はカジュアル系が好きだったけれど、赤文字系ファッションをしていました」(30代/販売)

・「高校3年生のとき、大学生の彼と付き合っていたのですが、しょっちゅう『デートは制服で来てほしい』と言われていました。当時は彼の言いなりになっていたけれど、いま思うと気持ち悪い……」(30代/事務)

▽ 彼に釣り合うために、服の系統も変えていた女性も……。特にスーツ姿の彼と並ぶことを考えると「大人っぽいファッションのほうがいいかな?」と思いますよね。またその逆で、彼から制服やミニスカートを要求されるケースもあったようです。
いくら彼のためとはいえ、自分の着たい服が着られないなんて、ちょっぴりストレスかもしれないです。

3: プレゼント選びが難しい



・「高校生のときに大学生の彼と付き合っていたけれど、当時はあまりお金がなかったし、誕生日は何をあげたらいいのか悩みましたね」(20代/接客)

▽ ある程度欲しいものは自分で買えるだろうし、学生時代に年上男性の気持ちをくみ取るのは難しいかもしれません。プレゼント選びがひそかにプレッシャーになっていた女性も少なくないようです。

4: 彼の浮気を疑ってしまう

・「彼はよく飲み会に行っていたのですが、問いつめると『これも仕事のうちだから仕方ないだろ』と言われていた。いまなら何となく理解できても、当時は納得できなかったし、不安でたまりませんでした」(20代/IT)

▽ 彼の周りには魅力的な大人女子がたくさんいると思うと、気が気じゃありません。常に浮気を疑ってしまい、余裕がなくなってしまった女性も……。
せっかく彼と付き合えたのに、ケンカが絶えなくなりお別れした過去もあったみたいです。

まとめ

最初は年上彼氏の魅力に惹かれていた女性も、交際が長くなるごとに不満が出てきていたようです。特に対等な立場が築けないと、いくつになっても歳の差恋愛は厳しいもの。過去の恋愛を生かしつつ、自分に合った年齢差の男性を見つけられるといいですよね。

当記事は女子力アップCafe Googirlの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ