髭男「バンド誕生は島根か鳥取か」に「どっちも地元」と明言

※画像は、『A-Studio』公式Twitterより

 

2月21日放送の『A-Studio』(TBS系)で、Official髭男dismがメジャーデビュー前のエピソードを披露するとともに、「髭男を生んだのは島根県か鳥取県か」という問いに対し「どちらも地元」と明言した。

 

仕事との両立のため夜行バスで12時間

 

笑福亭鶴瓶が「自分らなりに苦労してる時期もあったやろけど(ブレイクが)早かったよね。16年にこっち出て来たのかな?」と聞くと 藤原聡が「もう4年になりますね」と答え、「みんな(メンバー)に声かけたわけ?」と聞く鶴瓶に「最初は僕が1人1人ともう友達だし、一緒にコピーバンドとかをやっててすごく仲が良くて。プレイヤーとしても本当に素晴らしいプレイヤーだったんですよ。だからこの4人だったら最高の音楽が今作れるなぁと思って、大学生の時にちょっと声をかけた」と話す。

 

次に鶴瓶が「『(秘密の)ケンミンSHOW』で言ってた。『あいつらは(出身地)どっちやねん』と。あなたは元々は島根?」と聞くと藤原は「出身は鳥取県」と返答。「そこがややこしい」という鶴瓶に「やっぱり生まれ育った町だったりもしたし。車で1時間ぐらいなんですよね。島根と鳥取、僕らが活動してた場所って。なのでどっちももう本当に地元なんですよね」と藤原。鶴瓶は「(デビュー前に)サラリーマンやってたのはどこでやってたの?」と尋ね、「島根銀行なのに鳥取の支店で働いてたんです」と答える藤原に「それめちゃめちゃややこしいやん」と困惑気味。

 

続いて鶴瓶が「まだ銀行に勤めながらライブやってたやんな。大変やったやろ?東京まで来たりして」と聞くと藤原は「そうですねけっこう……。夜行バスで12時間ぐらいかかるんです。帰るともう月曜日の朝なんですよ。家帰ってシャワーだけ浴びて仕事行くっていう」と振り返る。

 

「作る時間はあるんですか?音楽を」と聞く上白石萌歌に藤原は「作る時間はけっこうなくって」と答え、「営業で原付で町中走り回ってるんですけど、ぱってフレーズ浮かんだらちょっととめてiPhoneのボイスメモとかにこう入れて」と話していた。

 

(めるも編集部)

 

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ