鬼滅の刃も受賞! 『第12回日本ブルーレイ大賞』受賞作品発表!

映像コンテンツメーカーや映像機器メーカーが加盟する次世代デジタルエンターテイメントの普及団体「デジタル・エンターテイメント・グループ・ジャパン」は、 2019年に発売されたブルーレイソフトの中で最も優れた作品を表彰する、第12回『日本ブルーレイ大賞』の各部門審査、グランプリ審査が終了し、受賞作品を発表した。

DEGジャパン・アワード/ブルーレイ大賞は、デジタル・エンターテインメント・グループ・ジャパン(DEG ジャパン)が主催し、1年間に国内で発売されたブルーレイソフトを対象として、ブルーレイの特長を最も活かした映像作品を、ユーザー投票・審査員投票によって審査・表彰するアワードだ。

各部門の審査は、12月初旬から1月中旬にかけて部門毎に各審査員団が実施し、「高画質」や「高音質」などのブルーレイディスクの特長を最も活かした作品を審査する『クオリティ部門』から3作品、売上や話題性など2019年に注目されたブルーレイソフトを総合的に審査する『カテゴリー部門』から7作品、計10作品の受賞作品が決定した。

そして、1月下旬にステレオサウンド内の試写室にて実施されるグランプリ審査にて、『クオリティ部門』と『カテゴリー部門』から選出された全10作品の中から、2019年を代表する最も優れた作品とされるグランプリ作品が決定!

グランプリは、劇場公開から1年以上が過ぎた今なお、色褪せることなく心に焼き付いて離れない『ボヘミアン・ラプソディ』!
そして準グランプリは『ライオン・キング』、『ゲームオブスローンズ 最終章』が受賞となった。

そのほか、平成から令和の移り変わりを彩った受賞作品はこちら!

☆グランプリ
『ボヘミアン・ラプソディ』

評価ポイント:
日本中が沸いた劇場公開から1年以上が過ぎた今なお、あの音楽が、映像が、色褪せることなく心に焼き付いて離れない。しかし、今回この4K Ultra HDブルーレイ、それらを超える体験を提供してくれる。ファンならずとも、常に手元に置いておきたい一枚であることは間違いない。

☆準グランプリ
『ライオン・キング 4K UHD MovieNEX』

評価ポイント:
ファンタジーでありながら、実際に見えている風景のような、4K Ultra HD ブルーレイだからこその質感で丁寧な描写が描かれている。殆どが CG で作られているにもかかわらず、動物の毛並みや皮膚までも細やかに再現されている作品。

☆準グランプリ
『ゲーム オブ スローンズ 最終章』

評価ポイント:
ついに完結した本作。衝撃に次ぐ衝撃のストーリーの展開、映画を超える映像も素晴らしかった。現代最高のエンターテイメント作品の1つといえる。

☆クオリティ部門
<高画質賞・ブルーレイ部門>
『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生 エクステンデッド版ブルーレイセット』

評価ポイント:
映像のキメが細かく、非常に質感が良く表現されている。魔法界の世界感が色鮮やかで上品に出ていて立体感がある。明るいところのパーティクルが色にしっかりと乗ってすごくカラフルで、グレーディングがすごく上手な作品である。ブルーレイの中でもトップクラスの映像を楽しめる。

<高画質賞(Ultra HD ブルーレイ)部門>
『ライオン・キング 4K UHD MovieNEX』

<高音質賞>
『アリー/スター誕生』

評価ポイント:
レディー・ガガの存在感が圧倒的で、強靭な歌声と情感の表現力は本当にすごい! 音響の作り方が自然で楽器の鮮度も高く、まるでライブ会場で歌を聴いているかのようなサウンドを楽しんでほしい。歌唱シーンだけでなく、全編を通じて音の整い方が非常に丁寧に表現されている作品。

☆カテゴリー部門
<映画賞(洋画)>
『ボヘミアン・ラプソディ』

<映画賞(邦画)>
『劇場版コード・ブルー –ドクターヘリ緊急救命-』

評価ポイント:
2008年の放送開始から足かけ10年、3シーズンに渡り若きフライトドクターたちの挫折と成長を描きながら、丁寧にファンを育んできたドラマ『コード・ブルー』。その10年間の集大成たる劇場版は興収93億円というメガヒットとなり、2019年春に発売されたブルーレイももちろん大ヒット。
シリーズのウリといえば大規模事故現場での救命シーンだが、今回は成田空港、海ほたると連続で大事故が発生するなど、シリーズ最大スケールで劇場版としての気合も十分。ぜひ4K Ultra HDブルーレイや BDの美麗映像で楽しんでほしい。

<TV ドラマ賞>
『ゲーム オブ スローンズ 最終章』

アニメ賞(洋画)>
『スパイダーマン:スパイダーバース』

評価ポイント:
常勝のディズニー、ピクサー作品をおさえて、人気アメコミヒーローを基にした本作がアカデミー賞長編アニメーション賞を受賞したのには、きちんとワケがあることをこのブルーレイで目撃してほしい。
コミックのキャラがそのまま動いているような驚くべきアニメ技法が、今後ますますこの分野が伸びていく可能性を予感させ、かつ純粋に面白い!

<アニメ賞(邦画)>
『鬼滅の刃 1』

評価ポイント:
アニメならではの圧倒的疾走感のある演出で、原作の魅力をさらに違った方向から引き出している。漫画をアニメ化する醍醐味が今作には詰まっているように思う。特にアクションシーンは目を見張るものがあり、思わず見返したくなるような場面が連続する。
巷でも盛り上げりを見せている作品だが、次の劇場版公開までに、ブルーレイで何度も見返したくなる作品だ。

<音楽賞>
『Hikaru Utada Laughter in the Dark Tour 2018 /宇多田ヒカル』

評価ポイント:
宇多田ヒカルがデビュー20周年を記念し、12年振りに開催されたツアー「Hikaru Utada Laughter in the Dark Tour 2018」から、最終日の幕張メッセ公演を完全収録。「First Love」「Traveling」「あなた」といった代表曲を披露、まるで目の前でパフォーマンスしているかのような臨場感あふれる内容になっている。

<ノンジャンル賞>
『4K 夜景 2 TOKYO HDR NIGHT』

評価ポイント:
東京に住んでいても別物に見えるほど、色鮮やかに東京の夜景が映像に収まっている。第 2 弾はカメラの精度も高まり、きめ細やかに街の色が映し出されているので、より自然な夜景を綺麗な映像で楽しめる。

<審査員特別賞> 
『ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ★アディオス 完全数量限定 LPジャケット版 Blu-ray&DVD2枚組』

<アンバサダー特別賞> 
『アリー/スター誕生 4K ULTRA HD & ブルーレイセット』
◆『第12回日本ブルーレイ大賞』全受賞作品一覧
・グランプリ 『ボヘミアン・ラプソディ』
・準グランプリ 『ライオン・キング』、『ゲームオブスローンズ 最終章』

【クオリティ部門】
・画質賞・ブルーレイ部門 『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生 エクステンデッド版ブルーレイ』
・高画質賞・Ultra HDブルーレイ部門 『ライオン・キング 4K UHD MovieNEX』
・高音質賞:アリー/スター誕生

【カテゴリー部門】
・映画賞(洋画) 『ボヘミアン・ラプソディ』
・映画賞(邦画) 『劇場版コード・ブルー –ドクターヘリ緊急救命-』
・TVドラマ賞 『ゲームオブスローンズ 最終章』
・アニメ賞(洋画) 『スパイダーマン:スパイダーバース』
・アニメ賞(邦画) 『鬼滅の刃1』

◆第12回『日本ブルーレイ大賞』部門賞受賞作品一覧
【クオリティ部門】
・高画質賞(ブルーレイ) 『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生 エクステンデッド版ブルーレイセット』
・高画質賞(Ultra HD ブルーレイ) 『ライオン・キング 4K UHD MovieNEX』
・高音質賞 『アリー/スター誕生』

【カテゴリー部門】
・映画賞(洋画)  『ボヘミアン・ラプソディ 』
・映画賞(邦画)  『劇場版コード・ブルー –ドクターヘリ緊急救命-』
・TV ドラマ賞 『ゲームオブスローンズ 最終章』
・アニメ賞(洋画) 『スパイダーマン:スパイダーバース』
・アニメ賞(邦画) 『鬼滅の刃 1』
・音楽賞 『Hikaru Utada Laughter in the Dark Tour 2018』
・ノンジャンル賞 『4K 夜景 2 TOKYO HDR NIGHT』
・審査員特別賞 『ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ★アディオス 完全数量限定 LPジャケット版 Blu-ray&DVD2枚組』
・アンバサダー特別賞 『アリー/スター誕生 4K ULTRA HD & ブルーレイセット』

当記事はアニメージュプラスの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ