美女アナ「仁義なき覇権バトル」春の陣(1)NHK・桑子真帆と和久田麻由子のエース争奪バトル

アサ芸プラス

2020/2/23 09:57


 結婚・ご懐妊・スキャンダル報道などの要因で、女子アナウンサーたちの勢力地図は、今も刻一刻と更新され続けている。揺らぐトップクラスの地盤、ライバルとの衝突、頭角を現してくる新人たちによって、女子アナ界はこの春、どんな局面を迎えるのだろうか。各局の最新情報を交えて大胆予想する!

まずはNHKが春の改編で敢行する、人気女子アナ2人の「朝夜コンバート」に注目だ。「ニュースウオッチ9」でMCを務める桑子真帆アナ(32)と、「おはよう日本」のMC・和久田麻由子アナ(31)がそっくり入れ代わるのだ。

プライベートの2人は、よくサシ飲みをするという仲のいい関係だが、ことアナウンサーという立場においては、しのぎを削るライバル同士でもある。

「これは、上層部を巻き込んだエース女子アナの『覇権バトル』と、もっぱらの評判ですね」

と内情を証言するのは、NHK関係者だ。

「桑子アナが2年連続で続けた『紅白歌合戦』の総合司会の座を、昨年は和久田アナが奪ったことからもわかりますが、上層部の間で『桑子推し』『和久田推し』がハッキリと分かれている。局内でもこのコンバートで『どちらが本当のエースか、白黒つけさせる』という意味合いがあるようです」

勝負の行方が気になるところだが、同関係者は「現状は和久田アナの圧倒的優勢だ」と明かす。

「2月13日に両者が出席した発表記者会見では、明らかに和久田アナに多くのフラッシュがたかれていた。注目度に歴然とした差があります。また『無類の酒好きである桑子アナに、朝の仕事は絶対ムリ』ともささやかれている。しかし、今回成果を残せないと『戦力外通告』もありえます」

加えて桑子アナには、さらなる逆風があるという。

「昨年から『ニュース7』サブキャスターを務める上原光紀アナ(28)の台頭は、桑子アナにとっては脅威そのものでしょうね」(NHK関係者)

つい先日、慶応大学の先輩にあたる銀行員との結婚報道で話題となった上原アナだが、

「実は、彼女は桑子アナへの強烈なライバル心を持っているんです」

とNHK関係者が続けて打ち明ける。

「5年前、広島放送局に上原アナが桑子アナと入れ代わる形で配属されたのですが、そこで上原アナは『桑子さんには絶対負けたくない』と口癖のように周りに言っていたとか。今後の彼女の活躍しだいでは、上原・和久田『二強体制』もありうる」

その一方で、「ニュース7」前MCで現在は育休中の鈴木奈穂子アナ(38)も、静かに動き始めている。

「彼女はTBS社員の夫が昨年起こしたパワハラ騒動の余波で『今、復帰しても居場所がない』と言われていますが、このところ和久田アナ、桑子アナ、上原アナそれぞれと会食している。三つ巴の争いの行方をうかがいつつ、自身の復帰時期を模索していると思われます」(NHK関係者)

この春、「NHKの顔」に躍り出るのは、はたして‥‥。

当記事はアサ芸プラスの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ