松下奈緒、初対面や苦手な人と「鍋」はNG

※画像は、フジテレビ公式Twitter より

 

2月19日放送の『TOKIOカケル』(フジテレビ系)に女優の松下奈緒がゲスト出演し、『男子が勘違いする女子の紛らわしい行動』の中から「好き」と思われる行動について自身の考えを交えながら女子の本音を代弁した。

 

TOKIO、松下奈緒の「行かないで!」にメロメロ

 

番組では城島茂長瀬智也、松岡昌宏の3人が『男の子が勘違いする女子の紛らわしい行動』の項目から『クロ→好き』と思わしき女子の行為を選定していき、大人女子の松下が「シロ」か「クロ」かで女子の本音を教えることに。

 

長瀬が『袖をつかんでくる』を選択すると松下は「クロ」と答え「ただ掴んだだけだったら触らなくていいし、がって行けばいいけど、わざわざ袖を掴むっていう、そのなんか触れるか触れないかぐらいの。身じゃないじゃないですか。服だから」と身体に触れない謙虚さがリアルなのだと説明。そして国分太一に「松下さんが袖を掴もうとする時ってどんな時?」と尋ねられると「行かないで!っていう時」と答え、これにTOKIO全員がメロメロ。

 

また城島の『リップを貸す』には「クロ」と答え「普通貸さないし『貸して』って言われても『え?』ってまずなるけど、『貸して』って言われたんだったら向こうも気があるんだなって思って貸す」と説明し「嫌いな人だったら?」の質問に「貸さない」と答えた。

 

そして松岡の選んだ『一口ちょうだい』にも「クロ」と答え「嫌いな人には絶対言えないし、この人が食べたものを食べたくないと思うから絶対言わない」と答えた。また松岡に「鍋どうですか?好きじゃない人でも大丈夫?」と尋ねられると「ダメ!」と答え「気心知れた人だったら全然いいけど、知らない人で初対面で鍋って食べなくないですか?」と返した。

 

続けて松岡が「仲良くなっていってるけど、私この人苦手かもっていう人と鍋」と言うと「行かない、嫌です」と答え、これを聞いた松岡は「これはいいバロメーターですね。時間が経って『よしっ鍋でも行こうか』って言って『大丈夫です』って言われたら『ダメか!』っていうね」と納得していた。

 

(めるも編集部)

 

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ