“非モテ認定”されちゃう!? みんなが勘違いしている「いい女アピール」4選

ウレぴあ総研

2020/2/22 10:30

好きな男性に対して、「モテる自分」を見せたいときってないですか?

決してモテ自慢をしたいわけではなく、魅力的な自分を知ってほしいと思って「いい女アピール」をするけれど、それってもしかしたら“非モテ”と思われているかもしれません。

男性が遠ざけたくなるのは、「評価が高い自分」を見せつけられると感じるから。

どんなアピールが非モテ認定されてしまうのか、男性の声をご紹介します。

■「いい女」と思っているのは自分だけ! なアプローチ

■1: 「また誘われちゃった」は“男遊びが激しい”と思う

「俺に気があるのかな、と思って仲良くしていた女友達がいたんだけど、ふたりで過ごす時間が増えてきたら急に『明日は○○くんに誘われちゃった』とか『また食事だよ~』とか、ほかの男に声をかけられることを言い出したので冷めました。

焦らせたいのかもしれないけど、ホイホイ誘いを受ける姿を見て追いかけようとは思わないでしょ」(25歳/美容師)

「とにかく“また男から誘われた”話ばかりする女性。

正直、男遊びが激しいんだなと思うし、軽い男に狙われそう」(28歳/配送)

食事や映画など、男性から声がかかるのは確かにモテるといえるかもしれませんが、そんな自分を口にするのは決して良い印象を与えません。

男性が見ているのは、誘われることよりそれを受けていろんな男性と会っているであろう女性の気持ちです。

駆け引きのつもりで別の男性の存在を持ち出す女性がいますが、「自分以外の男とも簡単に遊びに行く姿」は、焦るより“軽さ”を感じるので追いかけたいとは思わないもの。

男遊びの激しさばかりイメージさせるので、自分はやめようという気になるのが男性です。

■2: 確認のしようがない「過去にこんな彼氏と付き合った」話

「知り合いの女性なんだけど、『○○社に勤めていた元彼』とか『外車しか乗らない元彼』とか、ステータスの高い男と付き合っていた自慢をする姿に引きました。

そんなの確認のしようがないし、自分じゃなくて彼氏を利用していい女と思わせようとするのって、逆に中身がないと感じてしまう。

これくらいの男じゃないと私とは付き合えないわよ、って言われているようで気分が悪いですね」(32歳/営業)

ズバリ、「元彼を利用して自分は魅力的だといいたい女性」は、男性にとって「ステータスで男を選ぶ女性」と思うので非モテ認定一直線です。

「いい女なら元彼のことなんて口にしない」と言う男性もいましたが、まさにその通り。

他人を持ち出すのは、自分の中身に自信がない証拠と思われます。



■3: 「休日は予定がいっぱいで」は追わせたいだけ

「いいなと思う女性がいて、休みの日にデートに誘うんだけどいつも『今週末はスキーに誘われていて』とか『夜は飲み会が入っていて』とか、予定がいっぱい。

俺と会いたくない口実かもと思い『それならいいよ』と引き下がったら、『でも、少しなら時間を作れるかも』って慌てて言い出すのを見て、追わせたいだけか、と好きな気持ちが萎えました。

“忙しいのに会ってもらった俺”がうれしいと思うのが勘違い」(29歳/公務員)

誘われたら素直に「ありがとう」と答えればいいのに、わざわざ「予定がいっぱいな自分」を見せたがるのは、自分と会う時間に不相応な価値を持たせようとするからです。

そんな下心は必ず男性にも伝わるので、「ありがたみ」を強調されてまで会いたいとは思いません。

男性に追わせたがる女性は多いですが、それは自分を上に見せることであり、対等な関わりを望む男性ほど遠ざけたくなります。

男性が喜ぶのは、自分の誘いを笑顔で受け止めてくれること。

わざわざ会って“あげる”ような言い方をする女性はチャンスを逃がすだけ、と心得たいですね。

■4: “底の浅さ”が見える「男性からプレゼントされたもの」

「友達以上恋人未満みたいな感じの女友達がいて、ふたりでデートもするんだけど、たまに『これ、元彼からもらったの』って高級ブランドのアクセサリーを見せられるのがストレス。

それを俺に知らせてどうしたいの?」(30歳/教員)

「元彼からもらったものとか自慢する女性って、底の浅さが見えるようで好きじゃないですね。デリカシーがないというか。

付き合って別れたら自分が贈ったものもこう言われるんだな、と想像できるので、彼女にしたいとは思いません」(26歳/看護士)

「デリカシーがない」という声が多かったのが、男性からもらったものを“わざわざ知らせる”女性。

「それだけ価値の高い女よと言いたいのか」など、男性にとってはプレッシャーしか感じないのですね。

いいなと思っても、そんなアピールをされた後では「別れたら自分も同じことをされる」と感じるのは当たり前です。

男性にとってはまったく無意味どころかマイナスの印象しか与えないので、男性からのプレゼントを自慢するのは控えるのが吉ですね。



実は“非モテ認定”されてしまう女性は、自分の魅力を伝える手段に他人を利用するのが、男性にとってしらけるアピールであると気が付きません。

好かれたいと思うなら、実際の言動で男性の心を動かすのがベター。「モテる自分」を見せたところで、自分以外の男性の影が見える女性に本気になる男性は少ない、と思いましょう。

駆け引きのないストレートな感情こそ、男性は大きな関心を持ちます。

当記事はウレぴあ総研の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ