2020年最も注目を集めるヒップホップクルーBleecker Chromeがバーガーキングと初のタイアップ曲 『FRiDAY』 を制作

ガジェット通信



今、さらなる盛り上がりをみせているヒップホップシーンの中で2020年もっとも注目を集めるであろう最重要ヒップホップクルー“Bleecker Chrome”が、バーガーキングとの初のタイアップ楽曲『FRiDAY』を制作した。

この『FRiDAY』は、バーガーキングRが販売する商品「プレミアムフライデーワッパー」(東京都内の店舗のみ2020年2月21日(金)~28日(金) 時間・数量限定販売)のウェブCMのために制作されたオリジナルの楽曲だ。

バーガーキング 『プレミアムフライデーワッパー 』すべては、あなた次第。【Full Ver.】(YouTube)

https://youtu.be/sI1aAf0Y7rk

Bleecker Chromeが書き下ろした楽曲『FRiDAY』に乗せてお届けするプロモーション動画は、プレミアムフライデーワッパー特設サイトにて公開されている。

「世の中が決めたプレミアムって本当にプレミアム?誰かが決めた価値に期待したってつまらない。自分のやりたいことは自分で決める。つまらない決めごとなんて変えてしまおう」 という想いとともに、提供される当商品の世界観をBleecker Chromeらしい表現で書き下ろされた。ウェブCMでは、KENYAがバーガーキングに訪れるサラリーマン、Type Cold、MARIAがバーガーキングの店員を演じ、ミュージックビデオのような仕上がりになっている。





この楽曲についてBleecker Chromeは、「撮影とても楽しかったです! 演技は普段しないので自然に出来るか不安でしたが、現場の雰囲気が良かった事もあり自然体で出来ました!!」(Type Cold)「自分の年齢的にもサラリーマン × ヒップホップというミスマッチな2つのスタイルをどう1つに合わせ、どう音の上に落とし込んでいくかが難しい点ではあったものの、新天地を探る感覚で面白かったです」(KENYA)と語っている。



【Bleecker Chrome プロフィール】

Bleecker Chrome(ブリーカー クローム)は、Type cold、KENYA、MARIAの3人からなるヒップホップクルー。十代でニューヨークに渡り、本場で得た感性と抜群の歌唱力、また自身でのソングライティング、ビートメイキング、ダンスと多種多様な方法で3人の個性を表現、今までになかったグループとして注目されている。

プレミアムフライデーワッパー 特設サイト

https://app.burgerking.co.jp/bkad/campaign/premium2020/index.html





(執筆者: gallagherbros)

―― 面白い未来、探求メディア 『ガジェット通信(GetNews)』

当記事はガジェット通信の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ