実写映画『るろうに剣心 最終章』映像を初解禁! 剣心・佐藤健と縁・新田真剣佑が疾走し、壁を走り、刃を交える

SPICE

2020/2/21 08:00


7月3日(金)、8月7日(金)に連続公開の形で封切られる『るろうに剣心 最終章 The Final』『るろうに剣心 最終章 The Beginning』から、初の映像となる特報が解禁された。

和月伸宏原作の漫画『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-』は、1994年から1999年まで『週刊少年ジャンプ』(集英社)にて連載。現在、『ジャンプスクエア』(集英社)にて、最新作『るろうに剣心-明治剣客浪漫譚・北海道編-』が連載中。激動の幕末を戦い抜き、「人斬り抜刀斎」として恐れられた緋村剣心が、逆刃刀を手に仲間たちとともに活躍する姿を描いた作品だ。佐藤健主演、大友啓史監督で実写化されたシリーズは、2012年の『るろうに剣心』が興行収入30.1億円・観客動員数239.5万人、2014年の『るろうに剣心 京都大火編』が興行収入52.2億円・観客動員数403.1万人、2014年の『るろうに剣心 伝説の最期編』が興行収入43.5億円・観客動員数340.3万人を記録している。

6年ぶりの新作となる最終章は、これまでのシリーズ同様、佐藤健主演、大友啓史監督の体制で製作。動乱の幕末期と明治維新後を舞台とし、これまで語られることのなかった剣心の十字傷の謎に迫る物語と、志々雄真実を操っていた武器商人“縁(えにし)”との戦いが描かれる。これまで、緋村剣心役の佐藤のほか、神谷薫役の武井咲、相楽左之助役の青木崇高、高荷恵役の蒼井優、斎藤一役の江口洋介の続投が発表。さらに、剣心の十字傷の謎を知る上海マフィアの頭目・縁役で新田真剣佑の出演が明らかになっていた。


解禁された今回の映像では、『るろうに剣心』シリーズの代名詞ともいえる、谷垣健治アクション監督演出のバトルシーンが一部公開に。佐藤演じる剣心と、新田演じる縁がにらみ合い、全力疾走から壁を走り、宙を舞うようにして刃を交える姿が収められている。佐藤が、クランクイン前のアクション練習などの準備期間を含め、一年以上向き合ったという本作で、どのような死闘が繰り広げられるのか。

『るろうに剣心最終章』The Finalは7月3日(金)、The Beginningは8月7日(金)、 2作連続ロードショー。

当記事はSPICEの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ