メイクの上からミスト化粧水って意味ある?乾燥肌対策を医師に聞く

女子SPA!

2020/2/20 15:45

 冬は乾燥する季節。空気が乾燥しているとウィルスが飛散しやすくなるといいますし、肌荒れによる肌のエイジングも気になります。

この季節を乗り切るために、お肌の乾燥にどう対処すればいいのでしょうか。皮膚・かゆみのスペシャリストである、うるおい皮ふ科クリニックの豊田雅彦院長に聞いてみました。

◆加湿器がないなら洗濯物を干すだけでもいい

――女優の桐谷美玲が雑誌『VOCE』(2018年5月号)で美肌の秘訣として「梅雨の時期を除いてほぼ一年中、我が家では4台の加湿器がフル稼働しています」と語っていたのが印象的でして。やはり肌の乾燥対策にも加湿器は必要でしょうか?

「加湿器はおすすめしています。エアコンをかけている部屋はカラッカラで、湿度30%台なんてことも珍しくありません。加湿器をお持ちでしたらぜひ使ってください。持っていない人は今から新たに買わなくても、洗濯物を部屋干ししておくだけで湿度50%くらいまで上がるので、そこまであれば大丈夫です。乾燥のピークは1月~2月ですが、肌の弱い人はエアコンを使う時期より、もう少し長く加湿器を使っていただくようにお伝えしています」(豊田雅彦院長、以下同)

――たとえば寝ている間の乾燥を防ぐために、マスクをするのは有効ですか?

「難しいですね。というのも、マスクかぶれの人ってけっこう多いんです。この時期はインフルエンザや胃腸炎のウィルスが蔓延していますから、マスクをすること自体は否定しません。どうしてもというのであれば、中に一枚濡らしたガーゼを入れるといいと思います」

◆クリームを塗る前に化粧水をたっぷりつける

――湿度は50%くらいが目安なのですね。あとはクリームを塗っておけばよいのでしょうか。

「いきなり皮膚にクリームやワセリンのようなものを塗っても、中は乾燥したままです。まずは皮膚の内部に水分を入れてあげなければいけません。その水分をセラミドなどで皮膚内に閉じこめるのが理想です。

特に、皮膚が赤いとかかゆい人は、皮膚の中に熱を持っているんです。そこを冷やさないで、クリームなどで皮膚表面に膜を張ってしまうと、余計中で熱がこもってしまいます。するともっとかゆくなる。『ワセリンを塗ってもかゆみが治らない』という人がいますが、当たり前なんです」

――化粧水の次にクリームというコスメ界の定石には意味があるのですね。

「『保湿』と『保護』を間違えてはいけないんです。保湿剤は、皮膚の中を潤すこと。英語でモイスチャライザーと言います。皮膚の上に“保護膜”として覆う保湿剤はエモリエントと言います。本来これらは区別するべきなのですが、ドラッグストアなどでは、保湿コーナーにすべてのアイテムが混在しています。だから、何をつけたらいいのかわからなくなってしまう」

メイクの上からミスト化粧水ってあり?

――なるほど。メイクの上からスプレータイプのミスト化粧水をつけるのはどうですか?

「メイクをしている上からのミストによる保湿は一時的なものです。紫外線やエアコンで乾燥した時に、一次的・補助的な潤いを与えるものです。十分な保湿をするには、やはり朝につける基礎化粧の段階での化粧水・乳液などが重要です。スプレーは保湿剤・美容液・オイルインなど少しでも水分の蒸発を防ぐものを使用すれば(ある程度)満足できるかと思います」

――ボディにも化粧水が必要ですか? そうするとものすごい量が必要ですよね……。

「そういう場合は、ハトムギ化粧水のような全身保湿ローションを提案することがあります。容量があって安価なので、お風呂上がりの身体にも使いやすいですよね。保湿をしてあげないと、そのうちシワシワになりますよ」

◆保湿系のサプリは胃で分解される

――それは怖い……! 保湿系のサプリを飲むのはどうですか?

「コラーゲンもセラミドもヒアルロン酸もサプリになっていますが、胃の中に入ったら分解されるので皮膚には届いていません。効果ゼロです。皮膚の外から塗ってあげないとダメですね」

――食べたものの中にアミノ酸がある方がいいということではないのでしょうか?

「滋養強壮としての効果はあると思います。でもそれでシワやたるみがなくなるというのは過剰な期待です。良質なお肉を食べていた方がいいんじゃないかな。効果のないサプリより、病院で買えるドクターズコスメをおすすめします」

――SNSで、病院で処方してもらえるヘパリンも話題になっています。

「ヘパリン類似物質は保湿剤として用いる医薬品です。血流がよくなるなどなどいろんな効果があるので、冷えやしもやけにも効きます。血流がよくなると肌のターンオーバーが早くなるので、治癒も早くなります。でも身体の痒い人が血流をよくすると、もっと痒くなります。お風呂上がりやお酒を飲んで痒くなる人は、血管が開いて身体が温まるのが原因です。ちなみに最近は小児科などでお子さんに使うと言って、お母さんたちが大量に処方してもらって使っているのが問題になって、今では各県単位ですが、1度に処方していいヒルドイドの上限がほぼ定められています」

――保険適用で安いからといって安易に使う人が増えると、医療費がかさんで結局は保険料が上がってしまうので、美容目的で使うべきではないですね。ドラッグストアでも安価に売ってますし……。乾燥対策に必要なのは、加湿器と皮膚の保湿・保護ですね、ありがとうございました!

【豊田雅彦(とよだ・まさひこ)】

うるおい皮膚クリニック院長。クリニックでは、皮膚科・アレルギー科・形成外科・美容皮膚科・漢方皮膚科が主な専門。受付開始3時間以上前からできる患者の行列は有名。薬だけに頼らず、日常生活の中で病気・かゆみを克服する診療方針は、世界から絶大な信頼を得ている。著書に『頑固なかゆみもアトピーも1分肌活クリニックでは、皮膚科・アレルギー科・美容外科・漢方皮膚科を専門としています。で必ずよくなる』(三笠書房)がある。

<文/和久井香菜子>

【和久井香菜子】

ライター・編集、少女マンガ研究家。『少女マンガで読み解く 乙女心のツボ』(カンゼン)が好評発売中。英語テキストやテニス雑誌、ビジネス本まで幅広いジャンルで書き散らす。視覚障害者によるテープ起こし事業「ブラインドライターズ」運営

当記事は女子SPA!の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ