女性からのクッキー“その場で食べるべき?”GENERATIONS小森隼ら困惑

dwango.jp news


恋愛ドラマの共演をきっかけに恋は生まれるのかを描くオリジナル恋愛リアリティーショーの新シーズン『恋愛ドラマな恋がしたい~Bang BanLove~』の#4が、2月15日にAbemaTVで放送された。

番組では、若手俳優が毎話キスシーンのある恋愛ドラマの撮影をしながら本当の恋をしていく様を追いかける、恋愛リアリティーショーが展開される。

全12回の番組放送において、番組内の恋愛ドラマで主役を演じられるのは、選ばれた男女1組だけ。役を勝ち取るために、回ごとにペアが変わる相手役と稽古を重ねながら、台本に用意されている様々なキスシーンを演じていく。

今回は、男性3名、女性3名という構成からスタートし、第1話から第12話の間に新たなメンバーが追加となる新ルールが設定され、井上佑(以下、たすく/24 歳)、千綿勇平(以下、チワ/28 歳)、南北斗(以下、ほくと/21歳)、木村葉月(以下、はづき/19 歳)、日比美思(以下、みこと/21 歳)、若菜(以下、わかな/26 歳)らの6名に、第2話からは新メンバー・平田梨奈(以下、ひらりー/21 歳)、そして、第4話では根岸拓哉(以下、タクヤ/23 歳)が新たに加入した。

また、今シーズンでは、物語の初めから終わりまで1人の俳優が主演を務める通常のドラマとは違い、主役の「神谷大樹」役と「神谷恵子」役を、若手俳優8名の中から、各話ごとのオーディションで選ばれたペアが演じていくという前代未聞の“主演が毎回変わる連続ドラマ”、『BANG BAN LOVE』に初挑戦する。

2月15日の#4では、新たな男性メンバー・タクヤが加入し、恋愛ドラマの第3話に向けたペア決めと、ペアごとにデートへ出かける“課題デート”が放送された。

男性からの指名制となった今回のペア決めでは、タクヤがわかな、たすくがみこと、チワがはづきを指名し、残ったほくととひらりーがペアを組むことに。その後、8人は各ペアごとに、役作りのための“課題デート”へ。

横浜へとドライブデートに出かけたたすくとみことの車中での会話に、MC陣は終始「かわいい!」「素敵!」と悶絶。みことを見つめるたすくの姿に、渡辺直美さんが「ああ!こっち!見てる!」と絶叫する一幕もあった。

一方、東京タワーが目の前に見えるバーで、大人なデートを楽しむタクヤとわかな。

わかなが「タクヤくんが、本当にイメージしてたのと良い意味で違いすぎて、“あ、私この人に気つかってなく喋ってるんだ”って思ったタイミング何回もあったかも」と語るなど、早くも打ち解けた様子の2人に、MC陣からは「良い感じじゃない?」「これは来たな!」と期待の声が上がった。

また、番組のラストには、MCメンバーの男性陣、女性陣の間で、みことがデート中にたすくにプレゼントしたクッキーを“いつ食べるのが正解なのか”という議論が展開。

「その場で食べなくてもいいけど、あとで食べてる写真を送ってほしい」という女性陣の意見に小森隼(GENERATIONS from EXILE TRIBE)、福徳秀介(ジャルジャル)は「ほんまに!?」と疑心暗鬼。

納得のいかない様子の福徳が「(その写真の)顔つきは?それがキメ顔とかしてたらアウトでしょ?」と、さらに食い下がり、一同の笑いを誘った。

<<本放送回の内容>>
イケメン俳優の熱視線に、渡辺直美が絶叫「ああ!こっち!見てる!」
早くも“恋の予感”!?新メンバー・タクヤとわかなの急接近に MC 陣が期待「これは来たな!」

第4話となる今回の放送では、冒頭から、ウルトラマンの主役を演じた経験を持つ新たなメンバー・タクヤが登場。

「追加メンバーということで、みなさまより僕は時間がありません。その中で(ドラマが)あと4本、全て(主役を)とります。とる気で来ていますし、とるために来ました。お芝居に真摯に向き合い、良い作品を作りたいなと思います」と自己紹介をしたタクヤに、渡辺は「ワイルドな、男らしい人が入ってきて...」とコメントし、福徳も「『俺はみんなと仲良く、わいわいする感じじゃないぞ』っていうね。ピリッとした」と、それぞれ印象を語った。

その後、男性からの指名制となったペア決めでは、タクヤがわかなを、次にたすくが3回連続ペアとなるみこと、チワがはづきを指名し、指名順最後のほくとが、残ったひらりーとペアを組むことに。

ペア決め後、タクヤが「(ドラマの)1話、2話を見させていただいて、それに出てない人と勝ち取りたいなっていう思いがあって」と、わかなを指名した理由を明かすと、渡辺さんは「素敵!熱い人」と、タクヤの演技に対する姿勢を評価した。

また、みことを選んだたすくは「ドラマ自体が毎回キスシーンありきのドラマじゃないですか。それ考えたときにみことちゃん以外とキスする想像もできんかったし。したくないとは言わんけど、自分から指名できるんであれば、そりゃ一番好きな人指名しますよね」と、まっすぐな言葉で語り、これを聞いた福徳は「うわ~たすくええわ~。ほんまかっこええな~」と太鼓判、谷まりあも「かっこいい~素敵!素晴らしい!100点!」と絶賛した。

続いて、メンバーは“恋人の空気を作る”をテーマに、役作りのための“課題デート”へ。横浜へとドライブデートに出かけたたすくとみことの車中での会話に、MC陣は「かわいい!」「きゃ~!」と終始悶絶。みことを見つめるたすくの姿に、渡辺は「ああ!こっち!見てる!」、小森が「ありがとう~!」と絶叫する一幕もあった。

デートの目的地、横浜・赤レンガ倉庫に着いた2人は、演技の話やお互いへの想いを語り合うが、そんな中、
みことが「1日早いんですけど、お誕生日おめでとうございます」と、プレゼントのクッキーを渡すと、
たすくは「ありがとうございます!食べます!ああ、ばり嬉しい」と喜びを噛みしめた。

一方、ほくとは「一緒に何か出来ないことにチャレンジして、出来るようになりたいなと思って」と、ひらりーをアイススケートへと連れ出し、チワとはづきは、2人とも大好きだという猫カフェへ。

「今俺だけ(主演を)とれてないからさ、タクヤが来たけど。ちょっとマジ、今回はとらなきゃなって...」と、デート中でも演技の話が絶えないチワに、「真面目なんだね~」と、改めてチワの人間性を垣間見たMC一同。

そして、東京タワーが目の前に見えるバーへ、わかなを連れ出した新メンバーのタクヤは、シャンパンを片手に大人なデートへ。

わかなを指名した理由やお互いの印象を語り合う中、わかなは「タクヤくんが、イメージしてたのと良い意味で違いすぎて、“あ、私この人に気つかってなく喋ってるんだ”って思ったタイミング何回もあったかも、今日。“本当に初対面なのかな”ってふと思う瞬間があったくらいすごい話しやすかった」と打ち明け、「なんか、タクヤくんと(主演を)とれる気がする。今まであんまり自信なかったけど、とりたいし、とれるかもって気持ちが3回目にして1番大きいかも」と、さらに続けたわかなの言葉に、MC陣は「良い感じじゃない?」と、これからのタクヤとわかなの関係に期待の声をあげた。

スタジオでは、みことがたすくに誕生日プレゼントのクッキーを渡したことについて、渡辺は「最高だった~!みこと勉強になるわ~」と回顧するが、福徳の「あれってその場で食べるべき?」との質問に、小森も「あ!それ聞きたい!」と同調し、女性にもらったクッキーを“いつ食べるのが正解なのか”という議論に。

「別に食べなくても良いけど」と回答する女性メンバーに、福徳は「目の前で食べなくてもいいん!?」と聞き返すが、続けて、谷まりあが「でもその代わり、後で感想が『美味しかったよ』だけもほしい」と要望を口にすると、渡辺も「そのあと、家帰ったときに写メとかで食べてるとこ送ってほしいな」と明かし、「それかわいい~」と女性陣から賛同の声が上がった。

しかし、この答えに福徳、小森は「ほんま!?」と疑心暗鬼。まだまだ納得できていない様子の福徳が「その写真の)顔つきは?それがキメ顔とかしてたらアウトでしょ?」と食い下がり、一同の笑いを誘った。

新たな男性メンバーの追加で、恋の矢印が変化する!?ぜひ、チェックしてほしい。

(C)AbemaTV

当記事はdwango.jp newsの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ