4Kに画質アップしたa-ha「テイク・オン・ミー」MVが10億回再生を突破

Billboard JAPAN

2020/2/18 13:55



a-haの名曲「テイク・オン・ミー」のYouTube再生回数が10億回を突破したことが明らかになった。90年代以前の楽曲として5曲目の快挙となる。
https://www.youtube.com/watch?v=djV11Xbc914

これまで90年代以前の曲では、ガンズ・アンド・ローゼズ「ノーヴェンバー・レイン」、「スウィート・チャイルド・オブ・マイン」、クイーン「ボヘミアン・ラプソディー」、ニルヴァーナ「スメルズ・ライク・ティーン・スピリット」が10回再生を記録している。

1985年に公開された「テイク・オン・ミー」のミュージック・ビデオは、今年に入って4Kヴァージョンにアップグレードされており、劇的に画質が向上。テクノロジーの進化により映像がより明確となり、音源もリマスターされている。同時期の他のミュージック・ビデオと違い、もともと35ミリフィルムで撮影、編集されていたため、4Kでよみがえることが出来たという。

また、以前のヴァージョンとは幾つかフレームの違いがあり、元々存在していたものの編集で消されていたエンド・クレジットも今回初めて映し出されている。

スティーヴ・バロン監督による鉛筆のスケッチのアニメーションと動画を融合した画期的な同ビデオは、1986年の【MTVビデオ・ミュージック・アワード】で6部門を受賞。「テイク・オン・ミー」は世界36か国でNo.1を記録した。

なお、オフィシャルYouTube上では「テイク・オン・ミー」のドキュメンタリー映像「a-ha - The Making of Take On Me」も公開されており、メンバーの他、エド・シーランやナイル・ロジャース、MVに出演した女優バンティ・ベイリーなどが登場する。
https://www.youtube.com/watch?v=CcxLyGKw48s

a-haは、日本では10年ぶりとなる単独来日公演を3月に行う。これに際し、日本独自企画のベスト・アルバム『グレイテスト・ヒッツ -ジャパニーズ・シングル・コレクション-』が2月26日にリリースされる。

◎公演情報
2020年3月10日(火)TOKYO DOME CITY HALL
2020年3月11日(水)TOKYO DOME CITY HALL
2020年3月14日(土)福岡市民会館
2020年3月16日(月)フェスティバルホール
2020年3月17日(火)日本特殊陶業市民会館 フォレストホール

◎リリース情報
アルバム『グレイテスト・ヒッツ-ジャパニーズ・シングル・コレクション-』
2020/02/26発売
3,000円(tax out) WPZR-30876/7

Artist Photo: Olaf Heine

当記事はBillboard JAPANの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ