嵐・松本潤、姉の力で助けてもらった“騒動”を明かし「姉貴は偉大」

E-TALENTBANK

2020/2/17 17:40


2月15日、日本テレビ系『嵐にしやがれ』に嵐・松本潤が出演し、姉とのエピソードを語る場面があった。

【別の記事】嵐・松本潤、コンビニで好きな商品は?の質問に“らしさ全開”の回答「もう…」

番組中、「兄弟との思い出エピソードなんかありますか?」と振られた松本は「俺2個違いなんですよ。2個上に姉がいるんですよ」と話を切り出した。

松本は自身の性格について、小学生の頃から“やんちゃ”だったといい、中学生になっても目立つ方だったと発言。「で、そん時に中学3年生のイカつめな先輩に『あいつちょっと目立ってんな』みたいな感じになった」と、上級生から目をつけられてしまったと振り返った。

続けて松本は「姉貴は偉大だったね。学級委員やってたんすよ」といい、「もう、その辺の不良全部『あれに手出すなよ』みたいな」「全然怖くないのよ。うちの姉貴全然怖くないんだけど、学年の悪い人たちも『あ、そうなんだ。松本の弟ね。なるほど』」と、“松本の弟”ということで治まったと話し「ありがとうございます!姉さん」と発言していた。

当記事はE-TALENTBANKの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ