上地雄輔、小泉元総理宅へ「『オジさん!』って言ってバンッて入る」

※画像は、上地雄輔さん公式Instagram より

 

2月15日放送の『有吉反省会』(日本テレビ系)で、上地雄輔が「タレントさんの楽屋の張り紙に低レベルな落書きを20年以上続けていることを反省」と読み上げ、落書きの様子や日常的に行っているという子供っぽいイタズラを暴露してスタジオを驚かせた。

 

いきなり入る理由は「ワッ!って驚かせたい」

 

まずVTRで上地が落書きしたという貼り紙を紹介。玉木宏の楽屋では玉を五に変えて『五木宏』、綾瀬はるかには点を加えて『綾瀬ぼ、るが』など、これまでに落書きをしたのは約100枚ほどにもなるそう。被害者の1人というつるの剛士は「迷惑でしょ。挨拶しにきてくれる方もいるわけだし。40歳過ぎてるので幼稚なイタズラはそろそろやめたほうがいいんじゃないかと思う」とコメントを寄せ、上地は「せっかくだから表現しなきゃいけないみたいな。そこに山があるから」と理由を語っていた。

 

有吉弘行が「ひどいね!20年やってるの?」と驚くと「もうずーっとやめられなくて」と上地。上地は「しかもそのリアクション見て楽しむわけじゃないんです。ただ書いてるだけなんです」と話し、「テロじゃん!テロ」と断罪するバカリズム

 

次に有吉は「イタズラ以外にもいっぱい苦情が来てます。つるのくんから『人の楽屋のドアをノックもせずいきなり開けて来るのびっくりするのでやめてほしい』」と発表。上地が「いろんな(人の)おうちとか楽屋とかにバンッて入ったりして、『ワッ!』って驚かせたくなっちゃうんですよ。(元総理の)小泉(純一郎)さんの家にも行って『オジさん!』とか言ってバンッて入っちゃったりもするので」と話すとスタジオは「えー!」と驚愕。

 

上地は「(小泉)孝太郎くんとか幼馴染なんで」と話し、「小泉さんちなんて勝手に入ったらSPに撃たれて終わりだろ!」という有吉に「大丈夫」とニッコリ。

 

有吉が「誰かにめっちゃ怒られてほしいわ」というと上地は「それずっと20歳ぐらいから言われてました。『いつか怒られるぞ』って」と話し、「今んところセーフ!」と笑っていた。

 

(めるも編集部)

 

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ