日向坂46らが初登場!歌詞注目度ランキング1位はSHE’Sの山田裕貴主演ドラマOP主題歌

E-TALENTBANK

2020/2/16 17:45


歌詞検索サービス「歌ネット」が、2月13日付けの「歌ネット注目度ランキング」を発表した。

注目度ランキングは、「発売前の楽曲」のみのランキングで、「歌詞閲覧数」+「いいね!クリック数」の割合でランキングが決定する。通常の歌詞アクセスランキングとも違う、まさに「これから発売される、歌詞が注目されている楽曲」のランキングだ。

今回のランキングでは、1位にSHE’Sの「Unforgive」が初登場。2020年2月14日に配信リリースされる新曲であり、山田裕貴主演のMBSドラマ特区『ホームルーム』オープニング主題歌に起用されている。プロデューサーに初タッグとなるトオミヨウを迎えた同曲。<後悔も贖罪も要らない もう眠るまで許さない>といったフレーズが綴られた攻撃的な歌詞と、エモーショナルでドラマチックなピアノロックサウンドで、予測不能で狂愛的なドラマの世界観を盛り上げている。

6位には、日向坂46の「ソンナコトナイヨ」が初登場。2020年2月19日にリリースされるニューシングルのタイトル曲であり、前髪を切りすぎたと落ち込んでいる女の子に<ソンナコトナイヨ>と伝える歌詞や、前髪を切る仕草を取り入れた“チョキチョキダンス”が特徴のポップチューン。なお、MVは原宿などの都心、横浜のビル群が見える山下埠頭で撮影。メンバーが難易度の高いステップを踏みながら、ときには雨の中での撮影に挑んだシーンにも注目してみてはいかがだろうか。

7位には、JUJUの「STAYIN’ ALIVE」が初登場。2020年2月26日にリリースされるニューシングルのタイトル曲であり、天海祐希が主演の土曜ドラマ『トップナイフ―天才脳外科医の条件―』に起用されている。歌って踊れるグルーヴィーなアッパーチューンで、拭えない不安やストレス、忙殺される毎日を吹き飛ばして日本中を元気にする、JUJU会心のパワーソングとなっている。

8位には、KANA-BOONの「スターマーカー」が初登場。2020年3月4日にリリースされるニューシングルのタイトル曲であり、TVアニメ『僕のヒーローアカデミア』第4期の新章「文化祭編」オープニングテーマに起用されている。同曲には、ゲストミュージシャンとして金澤ダイスケ(フジファブリック/Key)が参加。アニメの世界ともリンクしながら、伸びやかなメロディと前向きな歌詞に鍵盤アレンジが華を添える、KANA-BOONらしくもバンドの新たな一歩を感じさせるアッパーチューンだ。

10位には、UVERworldの「AS ONE」が初登場。2020年3月4日にリリースされるニューシングルのタイトル曲であり、映画『仮面病棟』主題歌に起用されている。メンバーのTAKUYA∞は同曲について「映画の世界から飛び出した後、今度は音楽を耳にした人が生きる世界の中である種の勢いが身体中に充満するような楽曲に仕上がっています。映画はもちろんのこと、楽曲も楽しみにしていてください」とコメントしている。

【2020年2月13日付、歌ネット注目度ランキング】


1位 Unforgive/SHE’S2位 素晴らしき嘘/flumpool3位 BL/女王蜂4位 モノローグ/秋山黄色5位 ボイスメモ No.5/ちゃんみな6位 ソンナコトナイヨ/日向坂467位 STAYIN’ ALIVE/JUJU8位 スターマーカー/KANA-BOON9位 ネバーマインド/flumpool10位 AS ONE/UVERworld

当記事はE-TALENTBANKの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ