気になる配線をすっきり収納!インテリアを損ねないテレビとパソコン周りのアイデア

folk

2020/2/16 12:00

インテリアを損ねない配線収納


テレビ周りは、テレビ本体のみならずDVDやBlu-ray、お子さんのいるご家庭の場合は各種のゲーム機などが置かれ、配線がごちゃつきがちなスペースです。

また、パソコン周りもモデムやルーター、各種の配線がごちゃごちゃになってしまうスペースとして悩んでいる方も多いようです。インテリアを損ねないよう、ごちゃつく配線をすっきり収納してみませんか。

モノトーンインテリアの配線隠し

すっきりとしたリビングで


配線収納

instagram(@korenankore72)

まずご紹介するのは、モノトーンインテリアでまとめられているリビングの配線隠しアイデアです。

こたつの正面に置かれたテレビの周りに配線コードが見当たりません。

ごちゃついた配線コードが視界に入らないので、すっきりと整ったインテリアを堪能することができるでしょう。

では、テレビからの配線コードは、どのように隠されているのでしょうか。

巾木に沿って配線コードをカバー


配線収納2

instagram(@korenankore72)

よく見ると、床と壁の境目にある巾木部分に配線コードが沿っていることがわかります。

壁色に合わせた白いケーブルカバーを使用しているので、コーナー部分以外は配線コードが沿っているとはわからないほどです。

コード自体も白いので、コーナー部分では、あえてカバーからコードを出して曲げているのでしょう。

白いキャビネットが置かれているので目につきにくいこともポイントです。

モデム類はマグネット収納


配線収納3

instagram(@korenankore72)

モデム類はスチール製のキャビネットの側面に、マグネットを使用して貼り付けるスタイルで収納されています。

リビング側からは目に付きにくい方の側面なので、視界に入ってくることもなさそうです。

モデムからのコード類は、床に垂れないよう結束バンドでまとめられています。

さらに、フックを取り付けてミニほうきと塵取り、ハンディモップも収納しています。

テレビ周りの配線隠し

テレビボード内にスマート収納


配線収納4

instagram(@kozue._.pic)

テレビ周りの配線隠しや配線収納のアイデアは、他にもいろいろあります。

こちらは、配線コードを結束バンドでまとめて100均で購入された白い収納ケースの中に入れているアイデアです。

配線を収納できるようデザインされたテレビボードなので、簡単です。

結束バンドを使用する際は、きつく締めすぎると配線を傷めてしまう場合があるので、少し余裕を残すようにしましょう。

テレビ本体の背面を利用


配線収納5

instagram(@_____mai.3)

テレビボード内に配線を収納することが難しい場合は、テレビ本体の背面を利用するアイデアもおすすめです。

ワイヤーネットをテレビ本体の背面にあるねじ部分に引っ掛け、タップコンセントやACアダプターなどを結束バンドで固定しています。

長い配線コードもゆるやかに結束バンドでまとめると、もつれたりねじれたりすることを防げるでしょう。

テレビ台にワイヤーネットを


配線収納6

instagram(@harmaaco)

こちらもワイヤーネットを使用している収納アイデアです。

ご覧のようにテレビ本体ではなく、ハイバックデザインのテレビボードの背面に吊り下げています。

100均で購入されたワイヤーネットとツイストタイ、そしてシンク扉用のフックを活用して配線を整理収納しています。

ルーターも置いていますが、テレビ本体でカバーされているので正面からは見えません。

配線をひとまとめに


配線収納7

instagram(@kozue._.pic)

テレビ本体やルーターはテレビボードの上に設置し、背面から出ている配線をまとめているアイデアもあります。

壁のコンセントまで配線を一つにまとめているのは、100均でも購入できる「たばねるチューブ」というアイデア商品。

チューブは壁に貼った粘着フックに引っ掛けています。賃貸のお部屋の場合は、壁にマスキングテープを張ってから使うと良いでしょう。

コンセントボックスに収納


配線収納8

instagram(@natsu._.log)

テレビボードの横にさりげなく置かれているのは、IKEA(イケア)で購入されたというコンセントボックスです。

ボックス本体が白、フタが木製というデザインで、お隣にあるテレビボードの色味ともマッチしています。

ティッシュケースのようにコードが出てくるデザインです。中には、100均で購入された面ファスナーの配線ベルトで、束ねた配線コードを収納しています。

パソコン周りの配線隠し

ルーターごと収納ボックスへ


配線収納9

instagram(@mari_ppe____)

パソコン周りは、特に配線がごちゃごちゃしがちのお悩みゾーン。

リビングなど人目に付きやすい場所にパソコンを置いている場合は、特に気になってしまうスペースです。

こちらは、ニトリで購入された白い収納ケースにルーターごと配線を収納し、ごちゃつきをおさえているアイデアです。

パソコンやキーボードの色味ともマッチしています。

ルーターはクローゼットに


配線収納10

instagram(@interior_ami)

こちらのPCデスク周りには、ルーターが置かれていません。ルーターはクローゼット内に配置し、WiFiを飛ばしているそうです。

とはいえ、PCに必要不可欠なコンセント類があります。それらは、デスク下の棚板シェルフのコンセントボックスにイン。

中にはタップコンセントも収納されています。さらに、PCデスクの天板にコードが通る穴を開けてごちゃつきを防いでいます。

ルーターをケースに入れて


配線収納11

instagram(@tamami_k)

ダイニングスペースの窓辺にルーターが置かれていますが、一見しただけではどこにあるかわかりません。

それもそのはず、無印良品で購入された「ポリプロピレンファイルボックススタンダードタイプワイド」の中に、すっぽりと収納されているのです。

もともと開いている丸い穴から配線を通しているとのこと。ボックスの上に、お気に入りのハンカチを掛けてふんわりと目隠しに。

配線を収納してすっきりとしたインテリアに


テレビ周りとパソコン周りの配線コード収納のアイデアをご紹介しました。どちらも、さまざまな周辺機器を使用するので配線コードが多くなり、ごちゃつきがちなスペースです。

配線コードを一つにまとめたり、カバーや収納ボックスを使用するなどのアイデアをぜひ参考にしてみて下さい。配線を収納して、すっきりとしたインテリアを目指してみませんか。

当記事はfolkの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ