衝撃的すぎる濃厚感!「山本のハンバーグ」は噂通りタダモノではなかった

TABIZINE

2020/2/16 10:00

時間があれば「何を食べようか?」と常に考えている筆者。美味しいと噂を聞きつければ、日本だろうと海外だろうと足を運んでしまいます。ですが、あまのじゃくな気質が手伝っていつも敬遠していた分野があります。それは「やたら流行ってる店」「チェーン系の店」。しかし! そんな自分の考え方が間違っていたと気づかされる名店に出会ってしまったのです。それは、昨今のハンバーグブームの火付け役でもあり、行列ができることでも知られる「山本のハンバーグ」。今回は、そんな己の凝り固まった思考が恥ずかしくなるほど感動した絶品のハンバーグをご紹介させてください。


14時過ぎでも行列が!

渋谷駅東口から歩くこと3分ほど。渋谷警察署の裏手に佇むのが「山本のハンバーグ 渋谷食堂」。さすがは人気店。14時というランチにしては遅めの時間でも行列ができていました。

ちなみにかねてより「俺のハンバーグ山本」という名称でしたが2016年に「山本のハンバーグ」に改名。実はあの「俺のフレンチ」「俺のイタリアン」とは全く別の会社とのこと。むしろこちらの方が「俺の」としては先行しており、まあ、色んな大人の事情があったと推測できます。


店頭にあるメニュー。ラインナップの充実ぶりに驚かされます。

女性一人でも気兼ねなく過ごせそうな空間

店内はカジュアルな雰囲気。男性、女性半々くらいでした。年齢層もさまざま。


カウンター席もありました。一人でも気兼ねなく過ごせそうです。

ランチにはサラダがサービス!

初訪問ということで名物の「山本のハンバーグ/1,850円(税込)」をオーダー。ハンバーグメニューにはご飯、お味噌汁、野菜ジュースが含まれていますが、ランチタイムにはサラダも付いてくるようです。これは嬉しいですね。

噂のハンバーグ。そのお味はいかに!?

そして「山本のハンバーグ」のお出まし。まるでビビンバのような熱々の鉄板に入れられて登場してくれました。


見事なまでの丸いフォルムのハンバーグにかけられているのはオランデーズソース。表面の焦げ目に食欲も一層刺激されます。


早速カットしてみましょう。中に現れたのはなんと、ゴルゴンゾーラとキノコのクリームソース。それにしても流れ出る肉汁がハンパない!


驚くべきはソースだけではありません。主役であるハンバーグがもう超美味!この山本のハンバーグに使用するのは黒毛和牛で、毎日必要な分だけ挽いているのだそう。粗挽きなので旨味が限りなく凝縮。ゴルゴンゾーラの風味、デミグラスソースの甘味と絶妙なハーモニーを奏で、極上の濃厚感を体感できましたよ。

名物「山本のハンバーグ」は1,850円(税込)と一般的ランチ相場としては正直ちょっとお高め。しかしながら、肉好き、ハンバーグ好きなら一度は食べる価値大の逸品であることに間違いなしでしょう。ぜひ心ゆくまで濃厚な美味しさを楽しんでみてはいかがでしょうか?

山本のハンバーグ 渋谷食堂
住所:東京都渋谷区渋谷3丁目6−18 第4矢木ビル 1F
電話番号:03-6427-3221
営業時間:11:00~22:30(L.O.22:00)
定休日:なし
HP:http://www.yamahan.tokyo

[All photos by Nao]

当記事はTABIZINEの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ