ちょうちょアートが美しい♡手描きのバタフライネイル5選

Itnail

2020/2/15 13:00

バタフライを描いたネイルといっても、シールを使用したもの、3Dアートのものとさまざまですが、特に手描きのバタフライは繊細で美しいです。この記事では、ひとつひとつ丁寧に描かれた技巧的なバタフライアートをご紹介します。うっとりするようなネイルの数々をぜひご覧ください!

■ 美しい!サロンで試せるバタフライアート

Marcelina



via itnail.jp

せっかくネイルサロンでアートをオーダーするなら、ネイリストの技術をたっぷり詰め込んだ手描きアートはいかがでしょうか?

爪の先端の方にブルーのバタフライを描いたネイルは、とても優美です。ブルーも、場所によって濃いものや薄いもので塗り分け、リアルさを表現しています。バタフライの輪郭がブラックで描かれているので、形がハッキリと見えますね。ほかの爪はブルーのタイダイ柄で、幻想的に仕上げています。

グリーン×シルバーのメタリックベースの上にブラックで縁取りされたバタフライを描くと、まるでステンドグラスのような雰囲気になります。反対の手には、ブラックで縁取った薔薇を描き、クラシカルにきめましょう。

cranberry nail 鯨岡百合香

cranberry nail 鯨岡百合香



via itnail.jp

■ ロングネイルで描く!迫力アート

Wish Selene 柏店

Wish Selene 柏店



via itnail.jp

バタフライアートを爪いっぱいに表現したいときは、ロングネイルがおすすめです。ロングネイルなら面積が大きいので、大胆なアートが叶います。長さを出すときは、スカルプチュアをしてもいいですし、ロングのネイルチップを使ってもいいですよ。

水色のワンカラーベースの上に、ブルーのバタフライを大きめに描きます。小指はパープルのワンカラーベースにし、その上にブルーのバタフライを描きましょう。バタフライアート以外の爪は、チェック柄を描いたり、ビジューアートを描いたりして、少しゴシック調にきめるとおしゃれですよ。

先が尖ったロングスカルプチュアに、ホワイトでバタフライを描いたネイルは迫力満点です。バタフライのほかに、ブルーのローズが写実的に描かれていて、美しいですね。ところどころに散りばめられたビジューも、強い輝きを放っています。

atelier eL (アトリエ エル)

atelier eL (アトリエ エル)



via itnail.jp

■ フラワーアートと組み合わせてロマンチックに

cranberry nail 鯨岡百合香

cranberry nail 鯨岡百合香



via itnail.jp

最後に、ホワイトのワンカラーの上にラメを散りばめ、イエローのバタフライを描いたネイルを見ていきましょう。バタフライだけでなく、リアルな花を爪1本1本に描き込んでいるのも、見逃せません。フォークアートの技法が取り入れられ、どこか伝統的な印象を受ける立体的なフラワーアートが技巧的ですね。

バタフライを増やしたい人は、イエローだけでなく、ピンクやパープルといったカラーのバタフライを複数匹描いても素敵になりますよ。

Itnail編集部

当記事はItnailの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ