白石麻衣、乃木坂センターのプレッシャーや結婚願望を語る

※画像は、『バナナマンのドライブスリー』公式Twitter より

 

2月11日放送の『バナナマンのドライブスリー』(テレビ朝日系)に先日、乃木坂46卒業を発表した白石麻衣がゲスト出演。バナナマンの設楽統と日村勇紀にセンターでのプレッシャーによる体調の異変や、卒業後の活動について明かした。

 

卒業後も音楽を続けるという白石麻衣

 

センターのプレッシャーについて「結構ストレス?疲れとかでまつ毛が抜けた時期があって」と明かす白石。これに日村が「まつ毛がボンって抜けるの?」と驚くと「はい、毛に来るタイプで、だから何かちょっと白髪も一時期寝れてない時期とか、疲れが溜まってる時、一瞬ボンッ!ってきたり、もうまつ毛が抜けたりとかしてましたね」と明かした。

 

また「女優さんでやってくの?」との質問に「いや、女優1本ではなく歌も……音楽やっぱり好きなのでやりたいなとは思います」と白石。これに設楽は「だって卒業してから音楽ってあんまりやってないよね。みんなね」と不思議がる。すると白石も「そうなんですよ。やってないので」と頷き「作詞もしたいと思ってるんで、何かしら書いて」と明かし多才な白石に2人も驚く。

 

また設楽が「乃木坂にいる時は恋愛禁止だったのかな?恋愛、別にそんな禁止とは言われてないんだろうけどさ」と尋ねると「禁止ですね」と答え、設楽が「もう卒業したら関係ねえからバンバン男遊びするわけ?」と悪乗りすると「しないです。しないです」と笑う白石。

 

そんな白石に設楽が「結婚願望とかあるの?」と尋ねると、白石は「ありますあります。結婚願望はやっぱり」と答え「いくつまでに結婚したいとか昔思ってたの?」との質問に「昔はやっぱり若い時は22~23とか思ってましたけど、やっぱり現実はそうもいかないですし、だから30代前半くらいで、できたらいいなくらいな」と答えた。

 

また設楽が「子供好きなの?」と尋ねると、白石は「子供大好きです。保育士目指してたくらいなので。子供は好きですね」と乃木坂46以外に夢を持っていたことを明かしていた。

 

(めるも編集部)

 

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ