あなたは記念日どうしてる? 1年に1度しかない結婚記念日の過ごし方5選




1年に1度しかない結婚記念日。一緒に人生を歩んでいこうと決めた2人の初日を振り返って、お祝いをしたり何かしらの言葉を掛け合ったりする夫婦も多いのではないでしょうか。とはいえ、結婚生活を送っていると、結婚記念日を忘れてしまったり、何年もたつうちに何をしたらいいのか分からなくなったりもしますよね。
ここではそんな、結婚記念日の過ごし方を聞いてみました。

仕事帰りに夫がケーキを買ってくる

「結婚記念日は夫が仕事から帰ってくるときに、夫婦でお気に入りのケーキ屋さんに寄ってミルクレープを買ってきてもらう! 結構有名で人気なお店だし、高いケーキなんだけどこの日は特別。いつもの夕飯を食べた後に、結婚記念日おめでとうってお祝いしながらケーキを食べるのがささやかだけど幸せ」(30代/パート)

▽ 結婚記念日だからといって、ものすごくお金や時間をかけるわけではないものの、いつもより少しいいケーキを買ってお祝いするという夫婦も多いようです。日常のささやかな幸せを噛みしめることこそ、結婚の幸せがあるもの。ステキな記念日ですね。

ちょっと特別な場所でディナーをする

「結婚式をあげたホテルに予約してディナーが毎年の定番! 式をあげた場所だから当時の気持ちを思い出せるし、毎年ホテルでディナーを食べているうちに新しい記念日の思い出が増えるのもうれしい。その日は子どもを義両親か実父母にお願いして2人で楽しむ!」(30代/金融)

▽ 結婚して5年以内の夫婦に多かったのは、結婚式をあげたホテルでディナーをするというものでした。結婚式には思い出が詰まっているもの。記念日にディナーをとりに行くことで、当日を思い出し「みんなから祝福されたんだから、これからも仲良くやっていこう」と決意を新たにするそうです。

気付いたら過ぎている

「結婚記念日かー。気付いたら過ぎているって感じかな。たまに当日に思い出しても『今日、結婚記念日だねー』って言い合うくらい。特に何かやるってことはないかな」(40代/パート)

▽ 結婚歴が長くなるにつれて「結婚記念日は気付いたら終わっていた」という人も多い様子。たしかに、毎日一緒に生活を送っていれば、結婚記念日だってただの平日、もしくは休日です。なかなか覚えていられるものでもないでしょう。

温泉旅行に行く



「子どもがいない夫婦だから遠出しやすくて、毎年2人で有給をとって一泊旅行をするよ。だいたい温泉旅行かなぁ。国内の温泉でワンランク上のところを予約とって行く。去年は部屋に専用の露天風呂があってすごくよかったな」(30代/公務員)

▽ 毎年夫婦仲良く有給をとって温泉旅行へ行くという人も。自由気ままに、夫婦水入らずの時間を過ごせて楽しそうですね。

家族で焼き肉を食べに行く

「結婚記念日は子ども2人も含めた家族で焼き肉を食べに行く! めったに行かないから子どもも喜んでくれるし、子どもたちから『ママとパパ結婚記念日おめでとう』って言ってくれたり『これからも仲のいいママとパパでいてね』って手紙をもらったりするのがすごく幸せ」(30代/メーカー)

▽ 子どもがいるという夫婦のなかには、家族で焼き肉を食べに行くという人も多いようです。子どもたちからもお祝いしてもらえるので幸せが倍増するのだとか。

当記事は女子力アップCafe Googirlの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ