人気BL作品の劇場版『囀る鳥は羽ばたかない』新規場面写真公開!

フジテレビジョンが立ち上げた、BL(ボーイズラブ)に特化した新アニメレーベル「BLUE LYNX」(ブルーリンクス)の第1作目として2020年2月15日(土)より公開される、劇場アニメ『囀る鳥は羽ばたかない The clouds gather』、第一章。この度、新規場面写真が公開となった。

原作の『囀る鳥は羽ばたかない』はヨネダコウによる「ihr HertZ」(大洋図書)にて連載中の累計発行部数150万部を越える人気BLコミックス。
被虐趣味で好色な一面をもつ真誠会若頭、矢代。彼のもとにやってきた百目鬼。彼等は次第に惹かれあっていく。自己矛盾を抱えて生きる矢代と、愚直なまでに矢代に従う百目鬼。運命に翻弄され”欠落”を補い合う二人の行き着く先は─。

このたび、劇場公開が目前に迫った『囀る鳥は羽ばたかない The clouds gather』の新規場面写真が公開となったほか、原作・ヨネダコウ、監督・牧田佳織、脚本・瀬古浩司、音楽・H ZETTRIOよりコメントが到着!

☆スタッフコメント
<原作:ヨネダコウ>
実は見終わって涙を堪えました。作品から流れるどうしようもない寂寞と、原作者としての感慨と、両方だったのだと思います。丁寧に原作を掬って映像と音にしてくださり感謝しかありません。

<監督:牧田佳織>
劇場公開まであと数日となりました。まだ、あまり現実感がありません。
全てのスタッフの皆様、キャストの皆様、そしてアーティストの皆様が原作の纏う空気を大切に、それぞれに矢代たちと正面から向き合い、思いを映像に込めてくださいました。原作を愛する皆様にも、はじめて作品に触れる方々にも、矢代達の行く末を共に見守って頂けると嬉しいです。何卒応援宜しくお願いします。

<脚本:瀬古浩司>
矢代が胸の奥に抱え込んだ何か――。
それはひどく複雑で、込み入っていて、決して言葉で言い表せるものではない。
しかしそれは同時に我々の胸の奥に存在するものでもある(自覚的であるかどうかはさておき)。だからこそ多くの人々が矢代に、そしてこの作品に魅了されるのだろうと思う。
百目鬼がそうであったように、抗いがたく。

<音楽:H ZETTRIO>
音楽担当としましてはピアノの音がするとピクッとしてしまいますがしかし引き込まれました。それぞれのキャラクターや場所などが持つ温度や流れている時間を感じました。引き込まれました(二回目)。「美」がそれら全体をまとめ上げているようなバランスが最高です。H ZETT M(piano/青鼻)

H ZETTRIOとしては劇伴の仕事は初めてでしたので、試写を観てとても感慨深いものがありました。ありがとうございます。矢代と百目鬼のカラミのシーンでは非常にカルチャーショックを受けまして、己の見識の狭さを恥じるばかりです。原作ファンの皆様、さらには海外の皆様の心にも響くことを願っております。H ZETT NIRE(bass/赤鼻)

矢代と百目鬼、それを取り巻く輩達との絡み。ヒリヒリ感。何故か観終わった後に感じる爽やかさ(笑)重奏するコンポジションに絶妙に散りばめられたサウンドにもテンション上がりました! 早くも第二章が観たいです。
H ZETT KOU(drums/銀鼻)


いよいよ公開となる『囀る鳥は羽ばたかない The clouds gather』に乞うご期待!

(C)ヨネダコウ・大洋図書/『囀る鳥は羽ばたかない』製作委員会

当記事はアニメージュプラスの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ