関取花 ニューミニアルバム『きっと私を待っている』“高校生に一番聴いてほしい曲”とは

TOKYO FM+

2020/2/14 17:00

関取花さんが、2月13日(木)放送のTOKYO FM「SCHOOL OF LOCK!」にゲスト出演。パーソナリティを務める同局の番組「ねるまえのまえ」や、3月4日(水)にリリースされるミニアルバム『きっと私を待っている』について、パーソナリティ・とーやま校長の質問に答えました。



とーやま校長:月曜日から木曜日の夜8時から9時半までの1時間半、ここTOKYO FMで生放送している番組「ねるまえのまえ」。この番組の月曜日と火曜日の担当が、よく俺にお菓子をくださるおのののかさん。そして、水曜日と木曜日……さっきね、30分くらい前まで生放送をしていたのが、本日のゲスト講師の!

関取:たのもう~! 関取花です!!

とーやま校長:(笑)。SCHOOL OF LOCK! と花ちゃん先生が出会ったのって、ほぼ11年前!

関取:そうなんですよ。時が経つのって恐ろしいですね~。

とーやま校長:いまは『未確認フェスティバル』(番組が開催している10代の夏フェス)と名前が変わったけど、『閃光ライオット2009』のファイナリストなんですよね。

関取:はい。

とーやま校長:俺がまだ校長になる前の話なんだけど、そのときのことは覚えています?

関取:覚えてますよー。とにかく楽しくて、全く緊張しなかったんですよね。

とーやま校長:へ~。

関取:『閃光ライオット』って、『未確認フェスティバル』もそうだと思うんですけど、大会でコンテストがあって賞をいただいて……というのがあるんですけど(審査員特別賞を受賞)、同世代の子が見に来ているのであまりそんな感覚はなくて。

とーやま校長:うん。

関取:しかも、見に来ている子も“初めてのフェス”という人が多いじゃないですか。自分も初めてだけど見に来ている人も初めてっていう、同じ温度感で逆にリラックスできて楽しかった思い出しかないですね。

とーやま校長:そうなんだ。応募したのは何歳のとき?

関取:18歳、大学1年生のときです。

とーやま校長:なんで応募しようと思ったんですか?

関取:高校の軽音楽部でギターを弾いて歌ったりしていたんですけど……友人に勧められたのもありつつ、やっぱり優勝すると100万円がもらえるって……。

とーやま校長:デカい! 10代にとって100万円なんて、意味がわからない数字ですよね。

関取:そうなんです。そのときは“音楽で食べていこう!”とかじゃなかったので、“好きなことで100万円がもらえたら、バイトしないで遊べるなぁ~!”みたいな(笑)。

とーやま校長:そうなんだ(笑)。でもそこからシンガーソングライターとして活躍されていて……ラジオも今までもやっていたでしょ?

関取:そうですね、自分の番組があったり代打でやらせていただいたりとか。

とーやま校長:で、この1月からは『ねるまえのまえ』が始まりましたが……どうですか?

関取:以前、自分の番組を他局でやらせていただいていたときは、収録だったんですよ。なので、生放送で届いたメールに答えるとか……今日はその閃光ライオットにも出ていたハマ・オカモト君がゲストだったんですけど、SCHOOL OF LOCK! のように生電話相談をやったんです。収録とは違う生感があって……私はSCHOOL OF LOCK! を聴いていたので“この感じだ!”と思って。

とーやま校長:生徒だ。

関取:“私は今、校長と教頭がやっていたことをやっているんだ……!”って思って。

とーやま校長:へぇ~。

関取:ちょっと結構、ムネアツなものがありましたね。

とーやま校長:そのムネアツなままで……今日聴いてくれているのは、花ちゃん先生の後輩だから! いろんなものを届けてほしいし、聴かせてほしいと思っています。

関取:はい!



とーやま校長:3月4日(水)にミニアルバム『きっと私を待っている』をリリースされるということで、おめでとうございます!

関取:ありがとうございます!

とーやま校長:6曲入っていますけど、俺は聴かせてもらって“面白いな”と思いました。例えば6曲目の「家路」は……“面白い”っていう言い方じゃないな。

関取:いえいえ、ありがたいですよ。

とーやま校長:俺も札幌から出てきた身だから、飛行機で新千歳に着いて、そこから電車で帰るときとかの風景が浮かびました。

関取:嬉しいです。

とーやま校長:やっぱ実家に帰るときとかに、こういう気持ちがあるってことですか?

関取:そうですね。忙しい毎日を送らせていただいていて……今は東京で1人暮らしをしているんですけど、(実家は)神奈川なんですけど各停だと2時間くらいかかるんですね。

とーやま校長:うん。

関取:それで帰るときには、少しずつ緑が増えていって……自分の見慣れた景色に戻っていくのを見ていると、“私はこの東京の忙しい日々で、何かを忘れかけていた気がする……”と思って。普通に風に揺れる緑とか雲の形が少しずつ変わっていく様子とかに気づくことさえ最近なかったな、というのをなんとなく思い出しながら書きました。

とーやま校長:この曲が最後に入っていますけど、好きですね。

関取:ありがとうございます。

とーやま校長:それと4曲目の「考えるだけ」も、最初は知っている人とか……例えば学校だったら同じクラスの子とか、そういう人のことを歌った歌かと思ったら、そうじゃないんですよね。

関取:そうじゃないです。見かけているだけで、何も知らない人のことを歌っています。

とーやま校長:明日はバレンタインデーですけど、こういう気持ちの人がいるかもしれないですよね。

関取:ありますよね。例えば電車で見かける彼が好きで、でも話しかける機会がないから、バレンタインデーに“すいません! 実は……!”ってね。

――ここで、「考えるだけ」をオンエア

とーやま校長:かわいらしい歌ですね。

関取:ありがとうございます。

とーやま校長:そして4月からは『春の五線譜ツアー』が始まりますが、これは2曲目の「青の五線譜」からのタイトルなんですか?

関取:そうですね。「青の五線譜」はこのアルバムの中で、SCHOOL OF LOCK! を聴いている高校生とかに一番聴いてほしい曲かもしれないですね。

とーやま校長:そうですね。

関取花さんのニューミニアルバム、ツアーの詳細は、オフィシャルサイト(https://www.sekitorihana.com/)をご確認ください。

----------------------------------------------------
【▷▷この記事の放送回をradikoタイムフリーで聴く◁◁】
聴取期限 2020年2月21日(金)AM 4:59 まで

スマートフォンでは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員に登録の上ご利用ください。
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:SCHOOL OF LOCK!
パーソナリティ:とーやま校長
放送日時:月~金曜 22:00~23:55
番組Webサイト ⇒ https://www.tfm.co.jp/lock/

当記事はTOKYO FM+の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ