おぎやはぎ・矢作 槇原容疑者は「1、2位を争う天才」、影響の大きさも指摘「困っちゃうんだよ、みんな」

 お笑いコンビ「おぎやはぎ」の矢作兼(48)が13日深夜放送のTBSラジオ「おぎやはぎのメガネびいき」(木曜深夜1・00)に出演。覚せい剤取締法違反容疑で逮捕されたシンガー・ソングライター、槇原敬之容疑者(50)を「天才」と表現、「悔しいよ」と無念さをにじませた。

 「どんなときも。」「もう恋なんてしない」など、数々のヒット曲で知られる槇原容疑者が逮捕されたことで、「本当に、こんないい歌を歌う人の曲がさ、流せなくなったり売れなくなったりするわけでしょ」と矢作。「こういうことを言うとさ、『捕まった人を褒めるな』って言うけどさ」と前置きした上で、「本当に、こう何人かいる天才の一人だと思わない?曲といい歌声といい、歌手の中で5人天才を言ってっていうと、必ず俺の中では入るよね。凄い人だと思うんだよな」と語った。

 槇原容疑者がデビュー30周年という節目の年だったことにも触れ、「悔しいよ、俺。こんな天才が。俺1、2位を争う天才だと思っているから」。SMAPの「世界に一つだけの花」(2003年発売)などの楽曲も提供してきただけに、「困るね、困っちゃうんだよ、みんなが。これだけ売れているから」と指摘。「すごいじゃん、ヒットの飛ばし方が。イヤイヤだ。残念な話だね」とこぼしていた。

当記事はスポニチアネックスの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ