薬物事件続く芸能界…アンガ田中、薬物検査について「うちの事務所はもう、やりました」

 お笑いコンビ「アンガールズ」の田中卓志(44)が14日、フジテレビ系「バイキング」(月~金曜前11・55)で、「うちの事務所はもうタレント全員、薬物検査とかやりました」と述べ、所属するワタナベエンターテインメントについて明かした。

 番組では、覚せい剤取締法違反容疑で逮捕されたシンガー・ソングライター槇原敬之容疑者(50)について特集。逮捕によって出演番組に影響が出ていることについて、「早め早めのリスク対応をしていかないといけない、キャスティングする方も」と、不祥事が相次ぐ芸能界の事情についてコメント。話の流れで「薬物検査」について報告した。

 共演者から「大丈夫だったの?」とジョーク交じりに問われた田中は、「大丈夫ですよ、そりゃ」と笑顔で即答。

 検査結果に興味津々の土田晃之(47)が「2人ぐらいヤバイ人いた?」と悪乗りしても、田中は検査結果の証拠を「写真撮ってますから、見せますから。何でそこまで疑う!?」と胸を張った。

 薬物検査について司会の坂上忍(52)は、同局の榎並大二郎アナウンサー(34)に視線を向け「俺と榎並なんて毎日そこでやってもらってもいいくらいだわ。そういう風にしていかないと」と、司会を務める自身らの重責を自覚。田中も「そういう時代かもしれない」と同調した。

 田中と同事務所で、落語家の立川志らく(56)もこの日のTBS「グッとラック!」(月~金前8・00)で「私はワタナベエンターテインメントという事務所に所属しているんですが、この間、抜き打ちのドラッグ検査がありまして」と話していた。

当記事はスポニチアネックスの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ