「100円ショップで買った植物を1年間、大事に育てたらこうなる」驚きの写真がツイッターで話題に - あなたも育ててみる? 初心者向けのコツも聞いた


天国さん(@_____tengoku)が投稿した植物の写真が話題です。「100円ショップで買った植物を1年間大事に育てたらこうなります」のコメントが添えられたこのツイートに、多くの人が驚きのコメントを寄せていました。

まずは、購入して1カ月以内の状態をご覧ください。100円ショップは園芸の専門店というわけではありませんし、植物が部屋にあったら嬉しいけど、買っても枯らしてしまうのでは……なんて手を出せずにいた人もいるのでは。

それが、ここまで力強く、大きく育ってしまうんです。カポックなどは、1メートルほどには伸びているでしょうか。ペペロミアの幹もかなり太くなっていますね。100円ショップで買った植物が、ここまでになることに驚きました……。

天国さんに100円ショップで買った植物を育てるコツや、おすすめの品種などを聞いてみました。
○水やり

「まず前提として植物の専門家ではないので、あくまで個人の経験談としてお話ができればと思います。

水は、土の表面が乾燥したら、下に流れ出るまでたっぷりあげています。週に1度程度です。加えて、3週に1度くらい希釈タイプの液体肥料を水に混ぜてあげています。

また、気が付いたときに、葉っぱに霧吹きで水をかけています。できれば毎日あげられると良いですね。現在は青山フラワーマーケットのミストメーカーを使用しています。広範囲に霧が吹けるのでおすすめです」。

とにかくこのワンプッシュで出る水の量を見て…… pic.twitter.com/nqAjIykRWK— 天国 (@_____tengoku) December 30, 2019

○鉢替え

「5月中旬から9月中旬の間に、2度ほど一回り大きな鉢に植え替えました。ホームセンターで培養土と石灰石を買い、土も毎回新しいものに変えています。

鉢替えをすると1週間ほどは植物が弱っている状態なので、強い日光や水のやりすぎには注意しています。過去にカポックや、ペペロミアの葉が黄色くなったり、黒ずんだりしたことがありました」。
○日光

「1年間育ててみて、日光はとっても大事だと感じました。いつもは、窓越しに日の光が入るように植物を置いているのですが、天気の悪い日が続くと葉の色が薄くなったり元気がなくなってきます。そんなときはIKEAの植物育成用のライトを当てています。調子が悪そうなときはこれでけっこう復活しました。

また、植物が大きくなって葉が多く茂ると、葉っぱ同士が重なってしまうので、まんべんなく光があたるように、たまに葉の剪定をしています。植物の世話は大変そうに思われるかもしれませんが、今回はもともと強い品種を選んで育てているので、多少ずぼらでも大丈夫でした」。

――記事を読んで「自分も育ててみたい」と思った方もいると思います。初心者向けのよい植物はありますか?

「今回紹介した中では、個人的にはカポック(シュフレラ)が丈夫さの視点では一番おすすめです。どれも育てやすい品種ではあるのですが、ペペロミアは鉢替えしたときにかなり弱ったことがあり、ワイヤー・プランツは逆に生命力が強すぎて葉が伸びきったあげく枯れそうになったことがあります(笑)。

この他、100円ショップの植物以外にも色々育てていますが、ガジュマルも強い品種なので、初心者の人にはおすすめですね」。

多少ずぼらでも育てられる品種であれば、気軽に手を出すことができそうです。皆さんも、この機会にはじめてみては?

100円ショップで買った植物を1年間大事に育てたらこうなります https://t.co/Pm8BlyWTae pic.twitter.com/mueDduJoJG— 天国 (@_____tengoku) February 5, 2020

当記事はマイナビニュースの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ