槇原敬之容疑者逮捕でSMAP『世界に一つだけの花』を心配する声「どうなっちゃうの?」

シンガーソングライターの槇原敬之(50)が2月13日、覚醒剤取締法違反の疑いで逮捕された。『どんなときも。』(1991年6月)や『もう恋なんてしない』(1992年5月)、『SPY』(1994年8月)などオリジナル曲をはじめ、数々の楽曲提供で知られるヒットメーカーの薬物疑惑が報道されたことでファンのみならず日本中がショックに包まれた。なかでも彼が作詞・作曲を手掛けたSMAPの代表曲『世界に一つだけの花』(2003年3月)については影響を心配する声が少なくない。

実は木村拓哉が今年1月8日に発売した初ソロアルバム『Go with the Flow』の収録曲『UNIQUE』も槇原敬之が楽曲提供している。

木村は2月8日からソロライブツアー『TAKUYA KIMURA Live Tour 2020 Go with the Flow』をスタートしており、槇原容疑者逮捕を巡り今後のライブで同曲を歌うのか対応が注目される。

これまでのライブではソロアルバムの楽曲に加えSMAPナンバーを披露して話題になったが、まだ『世界に一つだけの花』は歌っておらず、こちらも選曲されるのか気になるところだ。

そんななか、業界では槇原敬之による作品をテーマ曲に使用しているテレビ番組が差し替えを進めており、そのような事態にTwitter上で「これで『世界に一つだけの花』は、二度とテレビで流れなくなりました。とさ! SMAPはどんどん過去になるな」と反響があった。

他に「槇原敬之もSMAPも『世界に一つだけの花』も『Wow』も好き。それだけに悲しい」、「世界に一つだけの花はどうなっちゃうのかな? こういうとき、楽曲提供した曲ってどうするのかね」、「じゃあ、もう“世界に一つだけの花”も使わへんのん? 何に配慮した結果なん? 今まで違法なことしてた人全員の創作物や著作物をタブーにしていったら何が残るの?」、「何かがおかしい。槇原さんのニュースも。世界は槇原さんとSMAPだけなんだよ。歌えるのは」といった声が飛びかっている。

なかには「SMAPショックだろうね でももしかしてこれで世界に一つだけの花は 僕らSMAPが守っていくしかないと更に団結して 再結成が早まったりしたりして 曲には罪はない」と思い描く人も見受けられた。

過去にはシンガーソングライターのASKAが2014年5月に覚せい剤取締法違反で逮捕された際、レコード会社がASKA及びCHAGE and ASKAの音楽・映像作品を出荷停止した。その当時も「作品に罪はない」という議論が起きたものだ。

果たしてこのたびの槇原敬之容疑者逮捕を巡って彼の関連作品にどのような影響があるのか、成り行きを見守りたい。

画像は『スズケン 2019年1月31日付Instagram「香取さんの誕生日で元木さんとお花摘みー」』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)

当記事はテックインサイトの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ