スズキのクロスオーバーSUV「イグニス」が、デザイン刷新と新グレード追加で急上昇

IGNITE

2020/2/14 12:00


スズキの世界戦略クロスオーバーSUV「イグニス」が一部改良を施し、SUVテイストを強めた新グレード「HYBRID MF」を追加。ラテン語で“炎”を意味する車名の如く、再びセールスに勢いをつける。



イグニスは、軽クロスオーバーの「ハスラー」と小型SUVの「エスクード」の間を埋める存在で、街中での運転のしやすさや経済性を重視したモデルとなる。

全長3,700×全幅1,690×全高1,605mmのボディは多くの人にとって扱いやすく、小回り性能にも優れる(最小回転半径4.7m)。また、180mmを確保した最低地上高によって、ちょっとした悪路走行や段差を乗り越えるのもお安い御用だ。



今回の改良では、5スロットをモチーフとした新意匠のフロントグリルやボディ同色のリアバンパーを採用し、力強いイメージを前面に押しだしている。



インテリアでは、シート表皮やメーター盤面の意匠を変更したほか、センターコンソールやインサイドドアグリップのアクセントカラーに新色のブルーとガンメタリックを設定した(ただし「HYBRID MG」はブラック内装)。

装備の充実も図り、「デュアルカメラブレーキサポート」をはじめとする運転支援システムやオートライトシステム、助手席シートヒーターを全グレードで標準装備する。



改良の目玉は、新グレード「HYBRID MF」の追加だ。エクステリアでは、新意匠のフロントグリルに加え、スキッドプレート調デザインの専用フロントバンパーや、一部にシルバー塗装を施したリアバンパー、ルーフレール、フェンダーアーチモール、サイドアンダーモールを採用してSUVテイストを強めている。



一方のインテリアでは、タフなレザー調シート表皮を採用したほか、アクセントカラーにカーキとガンメタリックの2色を設定。また、リアシートバック背面やスライドラゲッジボードを防汚タイプとするなど、機能面でも個性の違いを出している。



パワートレーンは、1.2Lの直4エンジン(91ps/118Nm)+CVTに、ISG(モーター機能付き発電機)を組み合わせたマイルドハイブリッド。燃費はWLTCモードで、FF車が19.8km/L、4WD車が19.0km/Lとなる。

ボディカラーは新色にして「HYBRID MF」専用色のタフカーキパールメタリックをはじめ、ブラック2トーンルーフを含めた全16パターンから選べる。

■グレードおよび価格
HYBRID MF=183万9,200円(FF)/197万5,600円(4WD)

HYBRID MG=152万2,400円(FF)/165万8,800円(4WD)
HYBRID MX=165万円(FF)/178万6,400円(4WD)
HYBRID MZ=178万8,600円(FF)/192万5,000円(4WD)

(zlatan)

画像元:スズキ

当記事はIGNITEの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ