FANTASTICS、初挑戦“SOUND DRAMA”に手応え! Jr.EXILE世代の活動も刺激に


●演劇×ライブで「より楽曲の意味が伝わる」
EXILEの世界と佐藤大樹をリーダーに2016年12月に結成され、2018年12月にシングル「OVER DRIVE」でデビューしたダンス&ボーカルグループ・FANTASTICS from EXILE TRIBE。これまでにシングル4枚をリリース、グループ初の全国ツアーも完走し、2月12日には1stアルバム『FANTASTIC 9』をリリースする。

2019年は、GENERATIONS、THE RAMPAGE、FANTASTICS、BALLISTIK BOYZの“Jr.EXILE世代”4グループによる「BATTLE OF TOKYO」の活動が話題を集め、FANTASTICS初の全国ホールツアーでは、演劇とライブを融合させた“SOUND DRAMA”に初挑戦。人気・実力ともにステップアップを果たしたデビューからの1年について、ボーカルの八木勇征、中島颯太をはじめ、澤本夏輝、瀬口黎弥、堀夏喜、木村慧人に話を聞いた。

――全国ツアーで、演劇パートの“DRAMA”とライブパートの“SOUND”の2部構成による新しいエンターテインメント“SOUND DRAMA”に初挑戦されましたが、手応えはいかがでしたか?

中島颯太:初めての挑戦で正解がない分、自分たちがリハーサルしていて楽しいと思っても、お客さんはどう感じるのか不安で、それと同時にワクワク感もありました。そして初日に、自分たちが思っていた何倍もの歓声が返ってきて、演劇中もいろんなところで笑ってくれたり、一緒に参加してくれているような感覚になりました。演劇パートで一体となってからライブパートで盛り上がるという、DRAMAパートがあったからこそ生きたSOUNDパートがあって、新しい道というか新しい表現ができたなと思っています。

八木勇征:LDHとしての初の試みを僕たちがやらせていただける責任感だったり、自分もそうですが演技に初挑戦するメンバーが多かったので、不安も最初はありましたが、やって良かったなと思っています。自分自身も演技に触れてみて興味を持てましたし、DRAMAパートがあったからよりSOUNDパートの楽曲の意味が伝わると感じ、もっとスケールを大きくしてやってみたいなと。この新しいエンターテインメントをどんどんブラッシュアップして、僕たちの強みにしていきたいです。

――演技はどのように練習されたんですか?

中島:演技経験のある佐藤大樹くんに1から教えてもらいました。発声法や滑舌練習とか、「今のセリフもっとこうしたほうがいいよ」とか、大樹くんが主体となって全部やってくれました。

八木:リハーサルがDRAMAパートの本読みから始まって、今までにない形だったので新鮮でした。本読みは普通に読み合わせるくらいのテンション感だと思っていましたが、大樹くんは本読みから役柄で演じていて、みんなもそれに順応していき、本読みから高い意識で取り組めました。

――パフォーマーのみなさんも、SOUND DRAMAで力を入れたことや苦労したことを教えてください。

瀬口黎弥:演技に加えて、僕は今回ラップに初挑戦し、以前からの夢を叶えることができました。いざステージに立ってみると、自分が表現したいことがなかなか形にできず、苦労しましたが、やり切ることができて経験値が上がりました。新たな武器を自分の中で作り上げられたので、引き続き頑張っていきたいと思います。

堀夏喜:僕は初めての演技で緊張しました。本番前は不安もありましたし、どれだけ稽古やリハーサルを積んでも、最初の公演を終えるまではそわそわしている状態でした。演劇の最後にキーとなる部分があって、特にそこを考えながら挑んでいましたし、ずっと同じ熱量で、本気で伝えられてよかったと思います。

木村慧人:僕たちの演技をみるのはお客さんも初めてのことでどういう反応をしていいかわからなかったと思いますが、想像を超える歓声をいただいて。最初のうちはセリフとセリフの間が難しかったり、やっていく中で演技の課題が出てきて、毎回成長しているなと感じました。最初と最後だと全然違うと思います。

澤本夏輝:人前で演技するのが初めてだったので、見せられるような演技がちゃんとできるのかという不安がありましたが、リハーサルを繰り返してみんなで修正点を出していって、本番でいざやってみるとみなさんが温かい反応をしてくださって、これが僕たちがやりたかったSOUND DRAMAなんだなと。一つ一つ積み重ねて形になっていくのを本番中に実感して鳥肌が立ったのを覚えています。

――SOUND DRAMAという新たなエンターテインメントを築かれましたが、このSOUND DRAMAを今後どのように発展させていきたいですか?

堀:このSOUND DRAMAで初めて演技をしたメンバーも多く、これをきっかけに演技に挑戦してみたいというメンバーも出てきたと思いますし、SOUND DRAMAという新しいエンターテインメントを自分たちがさらに大きくしていくのもそうですが、ほかのEXILE TRIBEのアーティストがSOUND DRAMAをやる日が来るかもしれない。SOUND DRAMAというものを確立できたと思うので、これからどんどん広がっていったらいいなと思います。

●「BATTLE OF TOKYO」で片寄涼太からアドバイス

――改めて、デビューからの1年は、グループにとってどんな1年になりましたか?

中島:デビュー前もいろんな経験をさせていただきましたが、デビューからの1年間は本当に大きくて、EXILEさんのサポートダンサーとしてドームに立たせていただいたり、“Jr.EXILE世代”の4チームによる「BATTLE OF TOKYO」もすごい経験になりました。また単独ホールツアーではFANTASTICSとしての軸を感じることができ、経験値を積めた1年になりました。デビューの時とはまた全然違うチーム感…一つになれた感じがしています。

八木:「BATTLE OF TOKYO」では“Jr.EXILE世代”と呼ばれ、EXILEという名前がついていることに責任感をすごく感じました。そして、ホールツアーを回らせていただいて、たくさんの方々に支えられて成り立っているなと感じました。まだまだ未熟ですが、アリーナツアーに向けてもっともっと準備して、1人の人間として、アーティストとして、成長したなと感じてもらえるようなFANTASTICSのボーカリストになりたいなと改めて強く思った1年でもありました。

――「BATTLE OF TOKYO」でほかのJr.EXILE世代のグループとコラボレーションし、刺激を受けたことや勉強になったことはありますか?

中島:「BATTLE OF TOKYO」のライブでは、ボーカルとしての煽り方ができず、パフォーマーと一緒にみなさんと盛り上がれる力をつけないといけないなと。また、ほかのグループとのコラボ曲で、普段自分たちが歌わない曲調にも挑戦しました。例えばTHE RAMPAGEさんとのコラボ曲はHIP HOP寄りで、力強い自分たちを表現する経験ができて力になったと思います。

八木:僕も、先輩方のMCがすごく勉強になりました。GENERATIONSの片寄(涼太)さんから「煽りをもっと入れてお客さんと一体になった方がいい」とアドバイスをいただき、ライブ感をどう演出していったらいいのか本当に勉強になりました。

――みなさんの素顔も紹介したいなと思いまして、他己紹介のような感じで、最近発見したメンバーの意外な一面など教えてください。

木村:隣の夏輝くんは、いきなり墨を吐いたりして…。タコを紹介しました! ふざけてすみません(笑)

堀:久々にやったな!

――何をおっしゃっているのかと思いました(笑)。では改めて!

中島:堀夏くんは、ファンの方とかはクールっぽい感じで見ていると思うんですけど、意外に誰かと一緒に行動したいタイプで、1人ではなかなか行けない人です。

堀:そうですね、いつもついてきてもらっています(笑)。颯太は“へっちゃらくん”というか、普段は何でも口に出せる心臓が強いタイプなんですけど、本番前は繊細です。みんなの前で声出しせずに1人の空間を作って声出ししたいという、そんな繊細な一面もあります。

瀬口:夏輝くんは、すごいブレない一面があって…この黒髪! ずっとブレないですね。変わったのは、刈り上げの高さだけ。刈り上げの高さは意識の高さなんで!

澤本:いいこと言う! 確かにあんまり変わってないなと思います。昔が老けていたのかなっていうくらい変わってないですね。今のところはこのままやっていこうかと。

木村:もう1つ、夏輝くんはよく1人行動をするんです。それも焼き肉とかラーメンとかではなく、神社巡りを1人でしていて、それを知ったときはびっくりしました。

――神社巡りは昔からお好きなんですか?

澤本:はい。歴史を感じる建造物が好きですね。

――最後にもう1つエピソードをお願いします。

八木:FANTASTICSでラジオをやらせていただいていて(FM OH!『~みんなでつくるラジオ~「FANTASTIC RADIO」』)、メンバーがいろんな組み合わせで出演しているのですが、リーダーがいないときもあって、そういうときになっちゃん(堀)と黎弥くんが進行うまいなって思いました。

堀:僕は、黎弥くんと一緒になると黎弥くんに任せちゃうけどね。

八木:確かに。でも、なっちゃんと僕とか、なっちゃんと颯太とかだと、なっちゃんが進行してくれています。

■FANTASTICS from EXILE TRIBE
EXILEの世界と佐藤大樹をリーダーに、パフォーマー集団として2016年12月29日に結成。その後、グループとして新たなステージに進むため、ボーカルを迎えることを決意し、2017年5月から12月にかけて実施したオーディションを勝ち上がった八木勇征と中島颯太がボーカリストとして加入した。2018年4月から6月に行われた「夢者修行 FANTASTIC 9」は、デビュー前にもかかわらず全国33会場78会場で約7万5000人を動員。そして2018年12月5日にシングル「OVER DRIVE」でデビュー。2019年10・11月にはグループ初の単独ホールツアーを開催し、全国12都市17公演を完走した。2020年2月12日には1stアルバム『FANTASTIC 9』をリリースし、3月28日からはサンドーム福井を皮切りに、FANTASTICS LIVE TOUR 2020”FNT”アリーナツアーが開催される。

当記事はマイナビニュースの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ