現実世界の街なかに、突如として現れた“画面のバグ”? - 「テクスチャ貼り忘れ」「クロマキー合成できそう」と驚きの声が相次ぐ


えっ、バーチャルな世界に迷い込んだ!? と、現実で出会ったら2度見してしまいそうな写真が注目を集めています。撮影したのは、いまいずみひとし(@hitoshi_anx)さん。大きなビルが映った何気ない写真のようですが、中央にある真っ青な四角形がどうにも現実離れしていますね。

どうやら道路案内標識のようですが、何も書かれておらず真っ青! その色味も相まってまるでパソコン画面のエラーのようです。まるで超リアルなデジタル世界のバグのように思えてきませんか?

いまいずみひとしさんによれば、この案内標識は第一京浜の品川駅と泉岳寺駅の間くらいの場所にあり、高輪ゲートウェイ駅の開業を待っている状態なんだそう。

この写真には、「テクスチャ貼り忘れですねこれ」「ホントに合成にしか見えない…」「クロマキー合成できそう」「あらまきれいなブルースクリーン」と、違和感が拭えないという声が続々。実際にありえない組み合わせの地名で行先表示を合成したり、パソコンのエラーメッセージを合成したりと、素材として楽しんでいる人もいました。

高輪ゲートウェイ駅の開業予定は2020年3月14日。開業が近くなればこの景色も見られなくなると思うと、現地に行ってみたくなってしまいますね。

作りかけの道路案内標識がパソコン画面のバグにしか見えない pic.twitter.com/nK8q4Valkq— いまいずみひとし (@hitoshi_anx) February 5, 2020

当記事はマイナビニュースの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ